鹿児島の弁護士による中小企業法律相談

相談のご予約はこちら(受付時間 平日9:00~18:00)

契約書作成の注意点

契約書作成の注意点  

契約書を作成する際、以下の事項に気を付ける必要があります。

1. 法令改正を反映させる
2. 契約書の内容は様々
3. 書式を修正する

1.法令改正を反映させる

法令は日々改正されます。たとえば商法は、平成10年から平成20年までの間に9回も改正され、平成18年に会社法が制定された際には、商法の条項は大幅に削除されました。

法令のこのような性質を踏まえると、書式も常に最新のものにアップデートさせておかなければなりません。

2.契約書の内容は様々

契約書の書式集は多数出版されており、大量の書式が収録されているものもあります。その書式の中で、自分が作成したい契約書に最も内容が似た書式を参考にする必要があります。

例えば、金銭消費貸借契約書の場合、

■貸金を一括で返済することを定めているもの
■分割で返済することを定めているもの
■連帯保証人がいることが前提となっているもの等

同じ金銭消費貸借契約の書式の中でも様々な種類のものがありますので、適切な内容の書式を選択する必要があります。

3.書式を修正する

契約を締結する目的や契約の内容は様々であり、一般的な書式をそのまま使えることはほとんどありません。

したがいまして、貴社の目的に沿った契約内容に修正する必要があります。しかし、契約書の修正は容易ではなく、書式を修正する場合は契約書の基本的な構造を理解している必要があります。




契約書・契約トラブルについて更に詳しく知りたい方はこちら

■ この業務を取り扱う弁護士

■ 契約書に関連する最新情報はこちら

2016年 7月
内部

ニュースレター31号掲載 労働法コラム「解雇(4)」

2016年 6月
内部

ニュースレター30号掲載 労働法コラム「解雇(3)」

2016年 5月
内部

ニュースレター29号掲載 労働法コラム「解雇(2)」

2016年 4月
内部

ニュースレター28号掲載 労働法コラム「解雇(1)」

2016年 3月
内部

ニュースレター27号掲載 法改正コラム「民法改正(10) -賃貸借契約(2)-」

2016年 2月
内部

ニュースレター26号掲載 法改正コラム「民法改正(9) -賃貸借契約-」

2015年11月
内部

ニュースレター23号掲載 法改正コラム「民法改正(8) -消費貸借-」

2015年 9月
内部

ニュースレター21号掲載 下請法コラム「親事業からの報復措置の禁止」

2015年 8月
内部

ニュースレター20号掲載 下請法コラム「買いたたきの禁止」

2015年 7月
内部

ニュースレター19号掲載 下請法コラム「親事業者から下請事業者への返品の禁止」

2015年 4月
内部

ニュースレター16号掲載 下請法コラム「下請代金の減額禁止」

2015年 3月
内部

ニュースレター15号掲載 下請法コラム「親事業による支払遅延」

2015年 2月
内部

ニュースレター14号掲載 下請法コラム「親事業による注文品等の受領拒否」

2015年 1月
内部

ニュースレター13号掲載 下請法コラム「下請法とは」

2014年 8月
内部

ニュースレター8号掲載 コラム「契約書のチェックポイントについて」

■ 関連するセミナー・講演

■ 関連するメディア情報

 

ラジオ出演

 

株式会社船井総合研究所の企業法務部門3年連続受賞

法律相談の新規予約専用ダイヤル 0120-100-129法律相談の新規予約専用ダイヤル 0120-100-129

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

 

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセスマップ
契約書の相談 債権回収の相談 消費者問題の相談 労務問題の相談
労使紛争の相談 不動産問題の相談 再生・倒産の相談 会社法の相談
顧問弁護士の相談 債務整理の相談 離婚の相談 交通事故の相談

鹿児島の弁護士による中小企業法律相談
© Copyright 2017 弁護士法人グレイス All Rights Reserved.

弁護士法人グレイス
〒892-0828 鹿児島県鹿児島市金生町1-1 アルボーレ鹿児島6F
TEL:099-822-0764  FAX:099-822-0765