「偽装請負」に違反していないか・チェックポイントと注意点 | 鹿児島 弁護士|弁護士法人グレイス 鹿児島県弁護士会所属

鹿児島弁護士会所属 | 弁護士法人グレイス 鹿児島を中心とする顧問先300社以上の信頼と実績

弁護士法人グレイス

経営者のためのレポート

close

法律に関する様々な
トピックを弁護士が解説

無料で読めるレポート登録はこちら

メールアドレスを入力→
登録ボタンをクリック
(10秒程お待ちください)

  • HOME
  • 労務問題
  • 「偽装請負」に違反していないか・チェックポイントと注意点

労務問題

「偽装請負」に違反していないか・チェックポイントと注意点

「偽装請負」に違反していないか・チェックポイントと注意点

1. 偽装請負とはどのような状態をいうのか

偽装請負という言葉は、報道等でも時々目にすることがあります。しかし、その実態は、必ずしも正確に理解されていないことが多いです。

偽装請負とは、本来であれば、

  • 従業員として雇用をする
  • 派遣会社から派遣を受ける

のいずれかによる必要があるにもかかわらず、請負の形態で業務を依頼している状態をいいます。

このような状態は、法律上、違反になります。そのため、偽装請負という呼ばれ方になっています。

2. なぜ偽装請負が違法になるのか

なぜ、偽装請負が違法になるかという点をご説明します。この点は、請負の法的な性質に深くかかわります。

法律上、請負は、

  • 発注者から具体的な指揮命令を受けることがない

という特徴があります。他方で、雇用は、

  • 雇用主から具体的な指揮命令を受ける

という正反対の特徴があります。
会社として、具体的な指揮命令を行ったうえで、業務に従事してもらう人員を確保したいのであれば、

  • 従業員として雇用をする
  • 派遣会社から派遣を受ける

のいずれかによる必要があります。

3. なぜ偽装請負が頻発するのか

次に、なぜ、偽装請負が頻発するかという点をご説明します。これは、派遣と直接雇用に、以下のようなデメリットがあるためです。

3-1. 派遣のデメリット

派遣のデメリット

第1に、港湾・建設・警備・病院は、そもそも、派遣が禁止されています。

第2に、派遣が認められている場合であっても、原則として、上限3年間の期間制限があります。

第3に、派遣が認められている場合であっても、受入先の会社には、法律上、各種の義務が課せられています。

3-2. 直接雇用のデメリット

直接雇用のデメリット

第1に、会社に、従業員の社会保険に関する費用負担が発生します。

第2に、会社が、従業員に関する労働安全衛生の責任を負います。

第3に、仮に、契約社員の形式で雇用したとしても、法律上、期間満了による雇止めが制限されているため、実質的に、無期限の雇用になってしまうリスクがあります。

このような理由から、請負という形をとりつつ、具体的な指揮命令を行うことで、偽装請負が頻発しています

なお、よく誤解される点ですが、請負という呼び方を避けて、業務委託という呼び方にしたとしても、偽装請負に該当することは変わりません。言い換えますと、「偽装請負」と「偽装業務委託」は、同じ点が問題になるといえます。

4. 偽装請負になるとどのようなデメリットがあるのか

偽装請負になるとどのようなデメリットがあるのか

偽装請負に該当すると、会社は、法律違反による罰則の適用を受けることになりますが、もっとも影響が大きいのは、「偽装請負・偽装業務委託の相手方が希望すれば、会社は、直接雇用に切り替えなければならない」という点です。

自動的に直接雇用が生じるわけではありませんが、相手方が希望すれば、直接雇用になってしまいますので、会社にとって、もっとも注意すべき点です。

5. 偽装請負に該当するか否かの基準

偽装請負に該当するか否かは、上記のとおり、

  • 発注者から具体的な指揮命令を受けているか否か

が最も重要なポイントになります。

この点は、厚生労働省のこちらのページに記載されているような、個別の事情を総合的に考慮したうえで、判断されます。

個別の事案に即して、説明がなされていますが、究極的には、「具体的な指揮命令を受けているか否か」で決まります

6. まとめ

現在の法律は、全体的に、無期限の直接雇用にシフトさせようとする考え方に立っています。これは、「労働力の使い捨て」を回避しようとする動きと言い換えることもできます。そのため、偽装請負だけでなく、契約社員の雇止め・派遣切りといった点も、それぞれに規制がなされています。

偽装請負の問題を理解するためには、この基本的な視点を理解しておく必要があります。

偽装請負は、あくまでも、そのような流れの中にある1つの問題点にすぎません。対応については、このような法律の全体的な理解が必要ですので、専門家である当事務所にご相談ください。

■ 関連するページはこちら

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセスマップ
契約書の相談 債権回収の相談 消費者問題の相談 労務問題の相談
労使紛争の相談 不動産問題の相談 再生・倒産の相談 会社法の相談
顧問弁護士の相談 債務整理の相談 離婚の相談 交通事故の相談

Contentsmenu

弁護士法人グレイス

弁護士法人
グレイス

〈鹿児島事務所〉
鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6階

Accessmap

〈鹿児島事務所〉鹿児島県鹿児島市金生町1-1 ラウンドクロス鹿児島6階

Area

鹿児島県
全域

弁護士法人グレイス
債務整理相談サイト
交通事故相談サイト
離婚問題相談サイト
相続トラブル相談サイト
高次脳機能障害相談サイト
技能実習制度相談サイト
事務所サイト
離婚問題相談サイト

鹿児島の弁護士による中小企業法律相談
© Copyright 2017 弁護士法人グレイス 
All Rights Reserved.

鹿児島弁護士会所属 弁護士法人グレイス
〒892-0828 鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6F(鹿児島事務所)
TEL:099-822-0764 FAX:099-822-0765