鹿児島の弁護士による中小企業法律相談

弁護士法人グレイス

経営者のためのメールマガジン

close

法律に関する様々な
トピックを弁護士が解説

無料で読めるメルマガ登録はこちら

メールアドレスを入力→
登録ボタンをクリック
(10秒程お待ちください)

2. 著作権について【知的財産】

(1)著作権法の仕組み

著作権  

著作権法は特許法と違って条文構造が体系的に理解しやすくなっています。

まず著作物を定義づけ(著作権法10条から13条まで)、著作者を定義づけたうえ(著作権法14条から16条まで)、著作権法17条から29条までで、著作者が一般的に有する権利の内容を規定しています。そして、著作権法30条から50条までで、著作者の権利が制限される例外事由をピックアップしているのです。

差止請求権の規定(著作権法112条)、みなし侵害規定(同法113条)、損害額推定規定(114条)等も重要な規程なのですが、ここでは割愛します。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセスマップ
契約書の相談 債権回収の相談 消費者問題の相談 労務問題の相談
労使紛争の相談 不動産問題の相談 再生・倒産の相談 会社法の相談
顧問弁護士の相談 債務整理の相談 離婚の相談 交通事故の相談
Accessmap Area
弁護士法人グレイス
債務整理相談サイト
交通事故相談サイト
離婚問題相談サイト
相続トラブル相談サイト
大型債権回収サイト
高次脳機能障害相談サイト

毎週更新弁護士ブログ
ようこそ事務員ブログ