鹿児島の弁護士による中小企業法律相談

相談のご予約はこちら(受付時間 平日9:00~18:00)

2. 著作権について【知的財産】

(1)著作権法の仕組み

著作権  

著作権法は特許法と違って条文構造が体系的に理解しやすくなっています。

まず著作物を定義づけ(著作権法10条から13条まで)、著作者を定義づけたうえ(著作権法14条から16条まで)、著作権法17条から29条までで、著作者が一般的に有する権利の内容を規定しています。そして、著作権法30条から50条までで、著作者の権利が制限される例外事由をピックアップしているのです。

差止請求権の規定(著作権法112条)、みなし侵害規定(同法113条)、損害額推定規定(114条)等も重要な規程なのですが、ここでは割愛します。



著作権について更に詳しく知りたい方はこちら


知的財産について更に詳しく知りたい方はこちら

■ この業務を取り扱う弁護士

■ 知的財産に関連する最新情報はこちら

2016年11月
内部

ニュースレター35号掲載 知的財産権コラム「防護標章制度について」

2016年10月
内部

ニュースレター34号掲載 知的財産権コラム「並行輸入と商標」

2016年 9月
内部

ニュースレター33号掲載 知的財産権コラム「商標の登録要件」

2016年 8月
内部

ニュースレター32号掲載 知的財産権コラム「商標権 −商標権者に対する攻撃方法(商標権の消滅)−」

2016年 7月
内部

ニュースレター31号掲載 知的財産権コラム「商標をめぐるライセンス契約」

2016年 6月
内部

ニュースレター30号掲載 知的財産権コラム「商標権 -商品・役務の区分と類似-」

2016年 5月
内部

ニュースレター29号掲載 知的財産権コラム「商標権 -商標の類否判断(2)-」

2016年 4月
内部

ニュースレター28号掲載 知的財産権コラム「商標権 -商標の類否判断-」

2016年 3月
内部

ニュースレター27号掲載 知的財産権コラム「商標権 -商標権の効力が及ぶ範囲-」

2016年 2月
内部

ニュースレター26号掲載 知的財産権コラム「商標法(3) -商標の出願-」

2015年12月
内部

ニュースレター24号掲載 知的財産権コラム「商標法(2) -商標権の効力-」

2015年11月
内部

ニュースレター23号掲載 知的財産権コラム「商標法(1) -商標の基礎-」

2015年10月
内部

ニュースレター22号掲載 知的財産権コラム「知的財産権(1) -総論-」

2014年10月
内部

ニュースレター10号掲載 コラム「知的財産権の攻めと守り」

■ 関連するセミナー・講演

2014年11月
内部

知的財産権の攻めと守り

法律相談の新規予約専用ダイヤル 0120-100-129法律相談の新規予約専用ダイヤル 0120-100-129

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

 

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセスマップ
契約書の相談 債権回収の相談 消費者問題の相談 労務問題の相談
労使紛争の相談 不動産問題の相談 再生・倒産の相談 会社法の相談
顧問弁護士の相談 債務整理の相談 離婚の相談 交通事故の相談

鹿児島の弁護士による中小企業法律相談
© Copyright 2017 弁護士法人グレイス All Rights Reserved.

弁護士法人グレイス
〒892-0828 鹿児島県鹿児島市金生町1-1 アルボーレ鹿児島6F
TEL:099-822-0764  FAX:099-822-0765