著作者と著作者が有する権利の内容 | 鹿児島 弁護士|弁護士法人グレイス 鹿児島県弁護士会所属

鹿児島弁護士会所属 | 弁護士法人グレイス 鹿児島を中心とする顧問先300社以上の信頼と実績

弁護士法人グレイス

経営者のためのメールマガジン

close

法律に関する様々な
トピックを弁護士が解説

無料で読めるメルマガ登録はこちら

メールアドレスを入力→
登録ボタンをクリック
(10秒程お待ちください)

2. 著作権について【知的財産】

(3)著作者と著作者が有する権利の内容

著作権  

著作物を創作した者を著作者といいます(2条1項2号)。

著作者は、著作権と総称される権利と著作者人格権と総称される権利を有しています。

「著作者」と「著作権者」の違い

「著作者」と「著作権者」は似て非なる概念で、前者は著作権と著作者人格権が原始的に帰属しますが、後者は単に著作権を有するものをいいます(著作権と異なり著作者人格権は譲渡することができませんので、著作権者と著作者が同一でない限り、著作権者が著作者人格権を有することはありません)。

著作権とは

著作権とは、複製権(著作権法21条)、上演権、演奏権(ともに法22条)、上映権(法22条の2)、公衆送信権(法23条)、口述権(法24条)、展示権(法25条)、頒布権(法26条)、譲渡権(法26条の2)、貸与権(法26条の3)、翻訳権、翻案権等(ともに法27条)に大きく区分けされます。

元の著作物に手を加えて新たな創作性を発揮させた場合の新たな著作物を二次的著作物といいますが、この二次的著作物を創作した者にも著作権と著作者人格権は付与されます(原著作物の著作権者による権利行使の制約を受けますが)。

著作者人格権とは

一方、著著作者人格権とは、公表権(法18条)、氏名表示権(法19条)、同一性保持権(法20条)に大きく区分けされます。

この著作権と著作者人格権はともに、著作者に原始的に帰属します。

職務著作について

職務上従業員が作成した著作物、いわゆる「職務著作」であっても、「職務著作」の要件を満たせば、会社が著作者となって著作権と著作者人格権が原始的に帰属します。「職務著作」の要件を満たさなければ当該従業員が著作者となって著作権と著作者人格権が原始的に帰属します。

例外的に、映画の著作物(いわゆる映画だけでなく、アニメやアニメーションを用いたゲームソフトも映画の著作物に該当します)の場合には、著作者に著作権が原始的に帰属し、映画製作者なる者に著作者人格権が原始的に帰属します。

これ以上の詳論は避けますが、もし著作権や著作者人格権の帰属について紛争が生じた場合、または紛争が生じる可能性がある場合には、直ちに弁護士に相談されることをおすすめします。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセスマップ
契約書の相談 債権回収の相談 消費者問題の相談 労務問題の相談
労使紛争の相談 不動産問題の相談 再生・倒産の相談 会社法の相談
顧問弁護士の相談 債務整理の相談 離婚の相談 交通事故の相談
弁護士法人グレイス

弁護士法人
グレイス

〈鹿児島事務所〉
鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6階

Accessmap

〈鹿児島事務所〉鹿児島県鹿児島市金生町1-1 ラウンドクロス鹿児島6階

Area

鹿児島県
全域

弁護士法人グレイス
債務整理相談サイト
交通事故相談サイト
離婚問題相談サイト
相続トラブル相談サイト
高次脳機能障害相談サイト

鹿児島の弁護士による中小企業法律相談
© Copyright 2017 弁護士法人グレイス 
All Rights Reserved.

鹿児島弁護士会所属 弁護士法人グレイス
〒892-0828 鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6F(鹿児島事務所)
TEL:099-822-0764 FAX:099-822-0765