有限会社フレッシュミネサキ様 | 鹿児島 弁護士|弁護士法人グレイス 鹿児島県弁護士会所属

鹿児島の弁護士による中小企業法律相談

弁護士法人グレイス

経営者のためのメールマガジン

close

法律に関する様々な
トピックを弁護士が解説

無料で読めるメルマガ登録はこちら

メールアドレスを入力→
登録ボタンをクリック
(10秒程お待ちください)

フレッシュミネサキさまの会社についてお聞きします。
24時間営業されていますが、その点についてはどのようなお考えですか。

夜中1~2時くらいから朝4~5時くらいまではほとんどお客さんがいません。といってもゼロではないんですが。店によっては、串間といった漁港では朝3~4時に漁師さんが買い物にいらっしゃるという状況がありますので。

ですから、単純にお客さんが多いところだけ営業しておけばいいというものではないというのが前社長の考えです。24時間いつ行っても営業しているのが大事だと。お客さんが少ない店舗、時間帯であっても必ずしもゼロではないから、行って営業していなかったというのは良くないという考え方ですね。

今は前社長は亡くなりましたが、24時間営業は変わらず続けていこうと思っております。あとは、お客様の少ない時間をどう有意義に使っていくかです。若い人たちの考えを取り入れながら、一歩ずつ進んでいきたいと考えています。

現在店舗数はいくつでしょう。また、増やす予定はありますか。

スーパーが7店舗ありますが、今は増やす予定はありません。今ある店舗を固めていく方が先、一番大事じゃないかなと思います。守りに入るわけではないですけど、出店することが必ずしも攻めとは限らないですから。

地域密着という意識はありますね。店舗を増やすと目が届かないという部分もあるし、私や役員が週に1、2回しか行けないと、その店が疎外感を感じてしまって良くないですね。私も引き継いで1年経ちましたが、今は会社組織をしっかり創っていかなければならない時期ですね。

先代はカリスマ性のあった社長で、独りで考えて独りで動いて、まわりはそれについていく感じでした。ですが、今は私と、役員と子どもたちと7~8人集まって協力し合って、話して、知恵を出し合ってやっていかないといけません。

今後の展開、方向性はどのようにお考えですか。

自社ブランドドレッシング

自社ブランドとして、豆腐とドレッシングと焼肉のたれを作っています。豆腐も大豆は○○産とかこだわっているんですが、やる以上自社ブランドをしっかり売っていく、アピールすることが大事だと考えています。

一番売れているのがドレッシングで、うちだけでしか売っていない商品です。薩摩半島の人から、「おいしかったから送ってください」という申し込みがあったこともあります。けれど、弊社はHPもありませんし、すごくアナログなんです。わが社に足りない部分というのは、そういったニーズを取り込んでインターネットも利用しながら会社のアピールもしていくことだと思っています。

顧問契約を頂いてしばらく経ちますが、
導入したきっかけはどのようなものだったのでしょう。

先代の社長が亡くなって、相続の問題からですね。
「相続」のことですんなりいかないことがあったのと、以前から、ちゃんとした弁護士と契約していた方がいいと言われていたので。

これまで弁護士に相談なさったことはございましたか。

相談したことは一回だけあります。
相談に行って話だけで終わってしまったということがあったので、私の方が、これでこの先ずっと相談できるのかなと、不安があったのは確かですね。

顧問契約をされたのはなぜでしょうか。

信頼関係というのもすごく大事だと思うので。
人というのは、人対人なので自分が「え...」とか「大丈夫だろうか」と思ってしまうと、やっぱり入っていけないというか、相談ができないというのはあると思うんですね。そうなったときに、「また電話してみようか」という気持ちにになるかならないか...

グレイスを利用頂いたご感想をお聞かせ下さい。

グレイスだったら、相談したらちゃんと応えてくださる。話だけで終わってしまえばその先に進めないですよね、私達としては。だけど、的確なアドバイスがもらえて、「こうなんですよ」という話をして頂くと安心します。

私も、店舗の責任者も不安はあります。「こんなことを言われましたが、どうすればいいですか?」と。それをグレイスさんにいきさつからお話して、「こうなんですよ」という答えをもらったときに、それを責任者に伝えると彼らも安心するんですね。「それでいいんですね」と。

店長というのは店の責任者ですけど、現場の仕事もしながら店長の業務もしているので、そういった部分が負担になってしまいます。ある程度の年齢の店長なら人生経験があるので対処もうまくいくんですが、若い店長だとどうしていいかわからなくなってくる。そんな時に、話を聞いて「弁護士の先生に相談するからね」と言うと安心してもらえます。

グレイスの印象はいかがでしたか。

初めてお訪ねしたときの印象は新鮮でした。入ったときに皆さん立たれて、挨拶をして頂いて、それがやっぱり印象的でした。帰りも、出るまでは立って見送って下さったというのがすごく印象的で、すごいなと思いました。来られた方全員に対して、手を止めてちゃんとしっかり見送るということはなかなかないので、それはすごくびっくりしました。

※全員でのお見送りは、お客様のご負担になることもありますので、現在は控えております。

弁護士の印象は変わりましたか。

最初相談したときとは全然違う、というのはあると思います。
グレイスは、話を聞いて、その中で色んな話をして下さったというのがあるので、今後どうしていった方がいいとか、そういうアドバイス的なものを頂きました。

グレイスへの要望をお聞かせ下さい。

いつでも気軽に連絡して相談できる体制をお願いします。

有限会社フレッシュミネサキ
有限会社フレッシュミネサキ
  • 業種

    小売業

  • 所在地

    〒893-0014 鹿児島県鹿屋市寿5丁目26番2号

  • 代表

    峯﨑 美千代

  • 創業・設立

    昭和60年3月1日

  • 資本金

    1000万円

  • 従業員数

    370名(パート含む、平成26年5月現在)

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセスマップ
契約書の相談 債権回収の相談 消費者問題の相談 労務問題の相談
労使紛争の相談 不動産問題の相談 再生・倒産の相談 会社法の相談
顧問弁護士の相談 債務整理の相談 離婚の相談 交通事故の相談