フラワー薬局様 | 鹿児島 弁護士|弁護士法人グレイス 鹿児島県弁護士会所属

鹿児島弁護士会所属 | 弁護士法人グレイス 鹿児島を中心とする顧問先280社以上の信頼と実績

弁護士法人グレイス

経営者のためのメールマガジン

close

法律に関する様々な
トピックを弁護士が解説

無料で読めるメルマガ登録はこちら

メールアドレスを入力→
登録ボタンをクリック
(10秒程お待ちください)

当事務所の顧問契約

顧問先様の商品・サービス紹介

vol.04

フラワー薬局

ニュースレター14号(2015年02月号)掲載

今回の『企業様の商品・サービス紹介』は番外編として、郡元南側電停前の「フラワー薬局」をご紹介します。

薬剤師一人が受け持てる処方箋は一日40枚までが基準とされているんですね。当然、ドラッグストアと違って調剤薬局は健康保険法で定められる医療機関であって、診療報酬といういわば税金を使うので、とりわけ医療費の削減が叫ばれる昨今では皆さんも注目しているはずです。薬局で支払う薬代は、およそ公定薬価7割、技術・指導料3割らしいです。薬価はほぼ固定なので、調剤薬局は薬剤服用歴の管理や患者への指導、病院への飲み合わせなどの意見具申をしつつ、貴重な財源を食い潰さないように、積極的にジェネリック医薬品を勧めているとのことです。

代表の宝来さんは、今後、病院との連携による在宅医療、地域医療の拡充がますます重要になると訴えていました。なんと五人のお子さんがいるので、現在の子育て世代の苦労から、介護保険があるように育児保険があってしかるべき時代との話にも力が入っていました。「地方創生を叫ぶのであれば、子育て、医療、地域の活力にもっと光が当てられなければ」というお話に同感しました。

聞けば今春の県会議員に立候補の準備をされていて、鹿児島から社会保障の充実のために国への発信をしていきたいという志しも伺い、一人の女性として率直に応援したいと思いました。

  • フラワー薬局

    フラワー薬局代表の宝来さん。真砂町には姉妹店のローズ薬局も。

  • フラワー薬局

    昨年の鶴丸高校のマスターズ甲子園鹿児島大会優勝の立役者であり、町内会長として地域の世話役活動に熱心な、色々な魅力を持つ宝来さんです。

フラワー薬局

鹿児島市郡元2-12-10

TEL099-813-0777 
WEBhttp://www.web-flower.co.jp/

データは2015年2月時点での情報です。最新の情報は、企業様に直接お問い合わせください。

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセスマップ
契約書の相談 債権回収の相談 消費者問題の相談 労務問題の相談
労使紛争の相談 不動産問題の相談 再生・倒産の相談 会社法の相談
顧問弁護士の相談 債務整理の相談 離婚の相談 交通事故の相談
弁護士法人グレイス

弁護士法人
グレイス

〈鹿児島事務所〉
鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6階

Accessmap

〈鹿児島事務所〉鹿児島県鹿児島市金生町1-1 ラウンドクロス鹿児島6階

Area

鹿児島県
全域

弁護士法人グレイス
債務整理相談サイト
交通事故相談サイト
離婚問題相談サイト
相続トラブル相談サイト
大型債権回収サイト
高次脳機能障害相談サイト
技能実習制度相談サイト

毎週更新弁護士ブログ
ようこそ事務員ブログ

鹿児島の弁護士による中小企業法律相談
© Copyright 2017 弁護士法人グレイス 
All Rights Reserved.

鹿児島弁護士会所属 弁護士法人グレイス
〒892-0828 鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6F(鹿児島事務所)
TEL:099-822-0764 FAX:099-822-0765