境界をめぐって隣地所有者ともめている〈不動産業の法律相談〉 | 鹿児島 弁護士|弁護士法人グレイス 鹿児島県弁護士会所属

鹿児島弁護士会所属 | 弁護士法人グレイス 鹿児島を中心とする顧問先300社以上の信頼と実績

弁護士法人グレイス

経営者のためのメールマガジン

close

法律に関する様々な
トピックを弁護士が解説

無料で読めるメルマガ登録はこちら

メールアドレスを入力→
登録ボタンをクリック
(10秒程お待ちください)

業種別の法律相談

こんなお悩みはございませんか?

不動産業のお悩み

境界をめぐって隣地所有者ともめている。

弁護士が入るとこんなメリットがあります!

隣地所有者との間で、境界がどこなのかが争いになることがあります。このような場合に、まず弁護士が当事者の間に入って話し合いで解決することが考えられます。もっとも、境界は公租公課の変動にも関わる要素となり、当事者間の話し合いでは解決に至らないこともあります。その場合には、弁護士が筆界特定制度の代理申請を行ったり、境界確定訴訟を提起することで解決することができます。

筆界特定制度とは、法務局に対して申請することで利用できるもので、筆界特定登記官が迅速かつ適正に筆界の特定を行う制度です。訴訟と異なり、筆界調査委員という専門家が職権で調査をし、筆界特定登記官が筆界を特定しますので、隣人関係への悪影響が少ない制度です。また、訴訟よりも比較的コストを抑えられ、早期に解決できるところにメリットがあります。

境界確定訴訟は、筆界特定制度によっても解決できない場合に利用することが多い手続です。裁判官が判断しますので、終局的に解決を図ることができます。訴訟は極めて専門性の要求される手続ですので、弁護士にご相談されることが重要です。

その他のご相談はこちら

業種別カテゴリー

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセスマップ
契約書の相談 債権回収の相談 消費者問題の相談 労務問題の相談
労使紛争の相談 不動産問題の相談 再生・倒産の相談 会社法の相談
顧問弁護士の相談 債務整理の相談 離婚の相談 交通事故の相談

鹿児島の弁護士による中小企業法律相談
© Copyright 2017 弁護士法人グレイス 
All Rights Reserved.

鹿児島弁護士会所属 弁護士法人グレイス
〒892-0828 鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6F(鹿児島事務所)
TEL:099-822-0764 FAX:099-822-0765