園児をお預かりしている際の安全管理体制に課題がある。また、園児を預けていただいている保護者との間でトラブルが発生している〈保育業の法律相談〉 | 鹿児島 弁護士|弁護士法人グレイス 鹿児島県弁護士会所属

鹿児島弁護士会所属 | 弁護士法人グレイス 鹿児島を中心とする顧問先300社以上の信頼と実績

弁護士法人グレイス

経営者のためのメールマガジン

close

法律に関する様々な
トピックを弁護士が解説

無料で読めるメルマガ登録はこちら

メールアドレスを入力→
登録ボタンをクリック
(10秒程お待ちください)

  • HOME
  • 業種別の法律相談
  • 保育業の法律相談
  • 園児をお預かりしている際の安全管理体制に課題がある。また、園児を預けていただいている保護者との間でトラブルが発生している〈保育業の法律相談〉

業種別の法律相談

こんなお悩みはございませんか?

保育業のお悩み

園児をお預かりしている際の安全管理体制に課題がある。また、園児を預けていただいている保護者との間でトラブルが発生している。

弁護士が入るとこんなメリットがあります!

園児をお預かりする業務に従事する場合、園児の生命・身体についての安全確保を最優先にすべき義務が課されます。

事故が発生した場合に、その対応の在り方次第では、損害賠償責任の範囲を大きく左右する結果となります。そもそもマニュアルが存在し、それが従業員全員に周知徹底されているか、それに従った対応を現実に行えるよう教育・訓練がなされていたか、現実に発生した事故での具体的対応はどうだったか等がそれぞれ問題となります。

万一事故が発生した場合に、弁護士が間に入って交渉や訴訟等の対応をさせていただくことはもちろん、事故が発生する前の予防法務のため、弁護士を活用することも非常に重要です。

特に、社会福祉法人等、保育業を営まれる法人には、保育業によって生じる様々な安全管理上の問題に適切に対応するため、定期的な研修等が行われているかが監査項目の1つにされている場合がほとんどです。当事務所では、顧問弁護士として、このような研修もご要望に合わせて随時実施させていただいております。

その他のご相談はこちら

業種別カテゴリー

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセスマップ
契約書の相談 債権回収の相談 消費者問題の相談 労務問題の相談
労使紛争の相談 不動産問題の相談 再生・倒産の相談 会社法の相談
顧問弁護士の相談 債務整理の相談 離婚の相談 交通事故の相談

鹿児島の弁護士による中小企業法律相談
© Copyright 2017 弁護士法人グレイス 
All Rights Reserved.

鹿児島弁護士会所属 弁護士法人グレイス
〒892-0828 鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6F(鹿児島事務所)
TEL:099-822-0764 FAX:099-822-0765