ソフトウェア開発を請け負い、ソフトウェアを完成させたが請負代金を支払ってくれない〈IT業の法律相談〉 | 鹿児島 弁護士|弁護士法人グレイス 鹿児島県弁護士会所属

鹿児島弁護士会所属 | 弁護士法人グレイス 鹿児島を中心とする顧問先300社以上の信頼と実績

弁護士法人グレイス

経営者のためのレポート

close

法律に関する様々な
トピックを弁護士が解説

無料で読めるレポート登録はこちら

メールアドレスを入力→
登録ボタンをクリック
(10秒程お待ちください)

業種別の法律相談

こんなお悩みはございませんか?

IT業のお悩み

ソフトウェア開発を請け負い、ソフトウェアを完成させたが請負代金を支払ってくれない。

弁護士が入るとこんなメリットがあります!

仕様を明確に定めないで取引を開始してしまうと、契約の相手方との間で仕様に関する認識の違いが生じる可能性があり、請負代金すら支払ってもらえない場合があります。

このようなトラブルを防ぐために、仕様に関する規定を契約書に定めておく必要があります。これまで多数の契約書を作成してきた弁護士が実体に沿った契約書を作成することにより、紛争の事前予防を図ることが可能となります。

また、債権回収についても弁護士を介入させることにより、請負代金を回収できたという例もあります。

その他のご相談はこちら

業種別カテゴリー

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセスマップ
契約書の相談 債権回収の相談 消費者問題の相談 労務問題の相談
労使紛争の相談 不動産問題の相談 再生・倒産の相談 会社法の相談
顧問弁護士の相談 債務整理の相談 離婚の相談 交通事故の相談

鹿児島の弁護士による中小企業法律相談
© Copyright 2017 弁護士法人グレイス 
All Rights Reserved.

鹿児島弁護士会所属 弁護士法人グレイス
〒892-0828 鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6F(鹿児島事務所)
TEL:099-822-0764 FAX:099-822-0765