交渉により建物の賃貸借契約を解約し、低額な立退料で建物を退去してもらうことに成功した事例 | 鹿児島 弁護士|弁護士法人グレイス 鹿児島県弁護士会所属

鹿児島弁護士会所属 | 弁護士法人グレイス 鹿児島を中心とする顧問先280社以上の信頼と実績

弁護士法人グレイス

経営者のためのメールマガジン

close

法律に関する様々な
トピックを弁護士が解説

無料で読めるメルマガ登録はこちら

メールアドレスを入力→
登録ボタンをクリック
(10秒程お待ちください)

  • HOME
  • 解決事例
  • 交渉により建物の賃貸借契約を解約し、低額な立退料で建物を退去してもらうことに成功した事例

【15】交渉により建物の賃貸借契約を解約し、低額な立退料で建物を退去してもらうことに成功した事例

ご相談分野 業種
賃貸借問題 不動産管理業

1相談内容

所有するビルにテナントが入っているが、老朽化していることから、同ビルを収去した上で新たなビルを建設したい。テナントとの間では普通賃貸借契約を締結しているが、同契約を解約して退去してほしい。どうしたらよいか。

なお、相手方は店舗としてテナントに入っており、壁に取り外し不可能な鏡を設置するなど、完全な原状回復が困難な状況であった。

2争点

同ビルの老朽化が賃貸借契約の解約理由となるか。
立退料が必要な場合、いくらが妥当か。

3解決内容

交渉により、合意書を取り交わしてから1週間以内に明渡しを受けることができた。また、立退料についても最小限の支払いに抑えることができた。

4弁護士の所感

本件では、交渉により極めて早期に明渡しを完了させることができ、かつ立退料の支払いも最小限に抑える内容で解決できたことが非常に大きいです。

特に、建物の老朽化があっても、それが入居者の安全性に問題がある程度にまで至っていない場合には、それだけで明渡請求が認められる正当事由とはならないのが実情です。その場合には立退料をお支払いすることで解決することが考えられますが、その金額は非常に高額に上ることが多いです。

もっとも、入居者が原状回復できないような態様で入居していた場合には、その費用請求をすることで立退料を減額させる一要素とすることは可能です。本件もそのような交渉を経て、早期解決を図ることができました。

その他の解決事例はこちら

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセスマップ
契約書の相談 債権回収の相談 消費者問題の相談 労務問題の相談
労使紛争の相談 不動産問題の相談 再生・倒産の相談 会社法の相談
顧問弁護士の相談 債務整理の相談 離婚の相談 交通事故の相談

Contentsmenu

弁護士法人グレイス

弁護士法人
グレイス

〈鹿児島事務所〉
鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6階

Accessmap

〈鹿児島事務所〉鹿児島県鹿児島市金生町1-1 ラウンドクロス鹿児島6階

Area

鹿児島県
全域

弁護士法人グレイス
債務整理相談サイト
交通事故相談サイト
離婚問題相談サイト
相続トラブル相談サイト
大型債権回収サイト
高次脳機能障害相談サイト
技能実習制度相談サイト

毎週更新弁護士ブログ
ようこそ事務員ブログ

鹿児島の弁護士による中小企業法律相談
© Copyright 2017 弁護士法人グレイス 
All Rights Reserved.

鹿児島弁護士会所属 弁護士法人グレイス
〒892-0828 鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6F(鹿児島事務所)
TEL:099-822-0764 FAX:099-822-0765