多数の債権者からの多額の債務を負う会社につき、大幅な債務免除を受けたうえで事業継続させる民事再生を行った事例 | 鹿児島 弁護士|弁護士法人グレイス 鹿児島県弁護士会所属

鹿児島弁護士会所属 | 弁護士法人グレイス 鹿児島を中心とする顧問先280社以上の信頼と実績

弁護士法人グレイス

経営者のためのメールマガジン

close

法律に関する様々な
トピックを弁護士が解説

無料で読めるメルマガ登録はこちら

メールアドレスを入力→
登録ボタンをクリック
(10秒程お待ちください)

  • HOME
  • 解決事例
  • 多数の債権者からの多額の債務を負う会社につき、大幅な債務免除を受けたうえで事業継続させる民事再生を行った事例

【16】多数の債権者からの多額の債務を負う会社につき、大幅な債務免除を受けたうえで事業継続させる民事再生を行った事例

ご相談分野 業種
民事再生・法人破産 サービス業

1相談内容

事業再編を経た後の現在の主たる事業は好調であるものの、事業再編前に抱えていた債務によって経営が圧迫されている。経営を継続するためにはどのような法的手段を採ればよいか。

2争点

約70名という多数の債権者に対する約2億5000万円の多額の債務を負っていたため、債務を整理したうえで経営を継続する場合、債権者らからの反発が予想されました。

3解決内容

民事再生手続をとって会社の債務を大幅な免除を受けたうえで経営を継続する方針を採り、当事務所へのご相談から1ケ月後に裁判所に申立てを行いました。

民事申立直後には債権者(金融機関及びリース業者等)から多数の反発があったものの、弁護士が債権者に対して書面又は対面で粘り強く交渉することにより、最終的には2億3500万円の債務免除を受けました。

債務の残りの約1500万円については5年間かけて返済しつつ、事業を継続することになりました。現在では経営も安定し、事業を継続しています。

4弁護士の所感

本件ではクライアント企業が多数の債権者に対して多額の債務を負っていたため、手続を進める中で債権者からの反発が予想されました。

しかしながら、現在の主たる事業が順調であったこともあり、社長も「絶対に会社を潰したくない」という強い思いを抱いていらっしゃいました。そこで、民事再生手続を選択したうえ、迅速な申立てと債権者に対する個別対応を弁護士が一手に引き受けることでステークホルダーの理解を得て、事業を継続する再生計画の認可を無事に受けることができました。

その他の解決事例はこちら

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセスマップ
契約書の相談 債権回収の相談 消費者問題の相談 労務問題の相談
労使紛争の相談 不動産問題の相談 再生・倒産の相談 会社法の相談
顧問弁護士の相談 債務整理の相談 離婚の相談 交通事故の相談

Contentsmenu

弁護士法人グレイス

弁護士法人
グレイス

〈鹿児島事務所〉
鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6階

Accessmap

〈鹿児島事務所〉鹿児島県鹿児島市金生町1-1 ラウンドクロス鹿児島6階

Area

鹿児島県
全域

弁護士法人グレイス
債務整理相談サイト
交通事故相談サイト
離婚問題相談サイト
相続トラブル相談サイト
大型債権回収サイト
高次脳機能障害相談サイト
技能実習制度相談サイト

毎週更新弁護士ブログ
ようこそ事務員ブログ

鹿児島の弁護士による中小企業法律相談
© Copyright 2017 弁護士法人グレイス 
All Rights Reserved.

鹿児島弁護士会所属 弁護士法人グレイス
〒892-0828 鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6F(鹿児島事務所)
TEL:099-822-0764 FAX:099-822-0765