タレントがスポンサー料を請求してきたのに対し、スポンサー契約の存在を否定して和解することとなった事例 | 鹿児島 弁護士|弁護士法人グレイス 鹿児島県弁護士会所属

鹿児島弁護士会所属 | 弁護士法人グレイス 鹿児島を中心とする顧問先280社以上の信頼と実績

弁護士法人グレイス

経営者のためのメールマガジン

close

法律に関する様々な
トピックを弁護士が解説

無料で読めるメルマガ登録はこちら

メールアドレスを入力→
登録ボタンをクリック
(10秒程お待ちください)

  • HOME
  • 解決事例
  • タレントがスポンサー料を請求してきたのに対し、スポンサー契約の存在を否定して和解することとなった事例

【21】タレントがスポンサー料を請求してきたのに対し、スポンサー契約の存在を否定して和解することとなった事例

ご相談分野 業種
その他 サービス業

1相談内容

相談者は、イベント等を企画・運営したり、タレントを支援していた会社であったが、突然あるタレントからスポンサー契約を理由とするスポンサー料等の支払いを請求された。

2争点

スポンサー契約が存在したのか。

3解決内容

相手方との間で当初請求額の8割を減額する内容で、かつ、スポンサー料は一切認めない内容で、交渉による和解が成立。

4弁護士の所感

この相談者は、相手方の署名捺印しかないスポンサー契約書の原本を2通ご持参されてご相談に来られました。すなわち、相手方はスポンサー契約の成立を主張しておりましたが、相談者は相手方によるスポンサー契約の提案に対し、難色を示し、その態度を留保していたことから、スポンサー契約書に捺印せず保管したまま相手方に返送していませんでした。

日頃から契約書をしっかりチェックいただくよう、あるいはそのような大事な書類はしっかり保管いただくようお伝えしておりますが、本件は相談者がこれを忠実に履践されていたからこそ、交渉による早期解決を見ることとなりました。

その他の解決事例はこちら

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセスマップ
契約書の相談 債権回収の相談 消費者問題の相談 労務問題の相談
労使紛争の相談 不動産問題の相談 再生・倒産の相談 会社法の相談
顧問弁護士の相談 債務整理の相談 離婚の相談 交通事故の相談

Contentsmenu

弁護士法人グレイス

弁護士法人
グレイス

〈鹿児島事務所〉
鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6階

Accessmap

〈鹿児島事務所〉鹿児島県鹿児島市金生町1-1 ラウンドクロス鹿児島6階

Area

鹿児島県
全域

弁護士法人グレイス
債務整理相談サイト
交通事故相談サイト
離婚問題相談サイト
相続トラブル相談サイト
大型債権回収サイト
高次脳機能障害相談サイト
技能実習制度相談サイト

毎週更新弁護士ブログ
ようこそ事務員ブログ

鹿児島の弁護士による中小企業法律相談
© Copyright 2017 弁護士法人グレイス 
All Rights Reserved.

鹿児島弁護士会所属 弁護士法人グレイス
〒892-0828 鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6F(鹿児島事務所)
TEL:099-822-0764 FAX:099-822-0765