建物賃貸借契約の期間満了を理由とする解除に基づいて建物の明渡しを請求し、任意で建物の明渡しを受けることに成功した事例 | 鹿児島 弁護士|弁護士法人グレイス 鹿児島県弁護士会所属

鹿児島弁護士会所属 | 弁護士法人グレイス 鹿児島を中心とする顧問先300社以上の信頼と実績

弁護士法人グレイス

経営者のためのメールマガジン

close

法律に関する様々な
トピックを弁護士が解説

無料で読めるメルマガ登録はこちら

メールアドレスを入力→
登録ボタンをクリック
(10秒程お待ちください)

  • HOME
  • 解決事例
  • 建物賃貸借契約の期間満了を理由とする解除に基づいて建物の明渡しを請求し、任意で建物の明渡しを受けることに成功した事例

【27】建物賃貸借契約の期間満了を理由とする解除に基づいて建物の明渡しを請求し、任意で建物の明渡しを受けることに成功した事例

ご相談分野 業種
賃貸借問題 個人

1相談内容

建物賃貸借の賃貸人である相談者は、現在賃貸している建物を取り壊して新しい建物を建築し、そこに移り住みたいと考えている。しかし、賃借人は再三建物から退去すると話しているものの、何らかの理由をつけて退去を引き伸ばしている。

2争点

賃貸借契約の解除の可否

3解決内容

賃借人と賃貸借契約を半年後に終了する旨の合意を交わし、その合意に基づいて任意に建物を明渡してもらうことに成功。

4弁護士の所感

本件は、賃借人が賃料の支払いを遅れながらではあるものの支払いをしていたことから、賃料未払いを理由とする契約の解除は難しい案件でした。また、期間の定めも存在しないため、賃貸借契約を終了するためには、半年前の解約予告をして、さらに正当事由の立証をしなければならないということで訴訟となれば時間を要するが予想されました。

そのため、相談者と賃借人との間で、建物を退去するという話が従前から出ていたことから、これを理由に交渉のうえ、建物を退去していただきました。賃貸借契約を終了させることは争われた場合、立退料の請求等困難を伴うことが予想されますが、立退料の支払もなく任意で建物の明渡しを完了した良い解決でした。

その他の解決事例はこちら

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセスマップ
契約書の相談 債権回収の相談 消費者問題の相談 労務問題の相談
労使紛争の相談 不動産問題の相談 再生・倒産の相談 会社法の相談
顧問弁護士の相談 債務整理の相談 離婚の相談 交通事故の相談

Contentsmenu

弁護士法人グレイス

弁護士法人
グレイス

〈鹿児島事務所〉
鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6階

Accessmap

〈鹿児島事務所〉鹿児島県鹿児島市金生町1-1 ラウンドクロス鹿児島6階

Area

鹿児島県
全域

弁護士法人グレイス
債務整理相談サイト
交通事故相談サイト
離婚問題相談サイト
相続トラブル相談サイト
高次脳機能障害相談サイト
技能実習制度相談サイト

鹿児島の弁護士による中小企業法律相談
© Copyright 2017 弁護士法人グレイス 
All Rights Reserved.

鹿児島弁護士会所属 弁護士法人グレイス
〒892-0828 鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6F(鹿児島事務所)
TEL:099-822-0764 FAX:099-822-0765