名義が移転されていない自動車売買において、売主を代理して買主に対し自動車税相当額の金銭を請求した事件 | 鹿児島 弁護士|弁護士法人グレイス 鹿児島県弁護士会所属

鹿児島弁護士会所属 | 弁護士法人グレイス 鹿児島を中心とする顧問先300社以上の信頼と実績

弁護士法人グレイス

経営者のためのレポート

close

法律に関する様々な
トピックを弁護士が解説

無料で読めるレポート登録はこちら

メールアドレスを入力→
登録ボタンをクリック
(10秒程お待ちください)

  • HOME
  • 解決事例
  • 名義が移転されていない自動車売買において、売主を代理して買主に対し自動車税相当額の金銭を請求した事件

【38】名義が移転されていない自動車売買において、売主を代理して買主に対し自動車税相当額の金銭を請求した事件

ご相談分野 業種
その他 中古車販売業

1相談内容

過去、従業員に対して中古車を販売し、代金の受領を受けたが登録名義が中古車販売会社のままとなっている。その後、その従業員は会社をやめ連絡が取れなくなった。

現在でも車を利用しているのはその元従業員であるが、登録名義に従い、自動車税が会社に課税されている。この金額を元従業員に請求したい。

2争点

所有権の移転の有無

3解決内容

訴えを提起したが、第1回期日前に相手方と交渉がまとまり請求金額全額の回収を得たため、訴えを取り下げた。

4弁護士の所感

自動車代金の支払いが全額につき完了するまでの間、車の登録名義を売主に残すという現象は実務でもよく見られます。本件は、使用者と従業員との間での取引という特殊事情があり、代金完済後も名義が売主の側に残ってしまったという特殊な事件でした。

売主側に名義を残すことは、代金の支払いを確保するという点では有効ですが、自動車税の課税対象が売主となりますのでこの点の不利益を見落としてはいけません。

本件は、相手方が所在不明でありその居住実体調査から始めた事件でしたが、訴状送達前に任意解決に至り、無用な時と費用の支出を避けることができました。

その他の解決事例はこちら

その他の問題の解決事例一覧

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセスマップ
契約書の相談 債権回収の相談 消費者問題の相談 労務問題の相談
労使紛争の相談 不動産問題の相談 再生・倒産の相談 会社法の相談
顧問弁護士の相談 債務整理の相談 離婚の相談 交通事故の相談

Contentsmenu

弁護士法人グレイス

弁護士法人
グレイス

〈鹿児島事務所〉
鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6階

Accessmap

〈鹿児島事務所〉鹿児島県鹿児島市金生町1-1 ラウンドクロス鹿児島6階

Area

鹿児島県
全域

弁護士法人グレイス
債務整理相談サイト
交通事故相談サイト
離婚問題相談サイト
相続トラブル相談サイト
高次脳機能障害相談サイト
技能実習制度相談サイト
事務所サイト
離婚問題相談サイト

鹿児島の弁護士による中小企業法律相談
© Copyright 2017 弁護士法人グレイス 
All Rights Reserved.

鹿児島弁護士会所属 弁護士法人グレイス
〒892-0828 鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6F(鹿児島事務所)
TEL:099-822-0764 FAX:099-822-0765