自動車売買に関し、売買契約締結後に売主が買主に対し一方的にキャンセルを求め代金の支払いを拒否した事例 | 鹿児島 弁護士|弁護士法人グレイス 鹿児島県弁護士会所属

鹿児島弁護士会所属 | 弁護士法人グレイス 鹿児島を中心とする顧問先300社以上の信頼と実績

弁護士法人グレイス

経営者のためのレポート

close

法律に関する様々な
トピックを弁護士が解説

無料で読めるレポート登録はこちら

メールアドレスを入力→
登録ボタンをクリック
(10秒程お待ちください)

  • HOME
  • 解決事例
  • 自動車売買に関し、売買契約締結後に売主が買主に対し一方的にキャンセルを求め代金の支払いを拒否した事例

【39】自動車売買に関し、売買契約締結後に売主が買主に対し一方的にキャンセルを求め代金の支払いを拒否した事例

ご相談分野 業種
債権回収 中古車販売業

1相談内容

中古車の売買契約が締結された数日後、顧客(買主)の側から、やはり他社で車を購入したいのでキャンセルしたいとの申し出があった。

既に売買契約締結済みで、引渡しの準備を行っていたためキャンセル依頼を断ったところ、その後、連絡が取れなくなった。どのように対応すればよいか。

2争点

どのような対応が本件の解決策として妥当か。

3解決内容

10万円(売買代金額の約20パーセント)を解決金として支払う条件で合意解約を行った。

4弁護士の所感

本件は、中古自動車の売買契約締結後に買主側が一方的にキャンセルを訴えてきた事案です。

契約書への署名を通じて売買契約は既に成立しておりますので、買主の一方的な都合による支払い拒絶、引渡しの受領拒絶は契約上の債務不履行に他なりません。

本件では、買主自身が連絡を試みても買主がこれに応じようとしないという事情があり、当事務所にて代理して対応する運びとなりました。

訴訟すれば全額回収が見込める事件ではありましたが、売主側に実損が発生していない点や、他への売却機会が十分見込める商品だったこと、買主が若年であり弁護士介入後は反省の情を示した点等を踏まえ、クライアントと協議の上、一定金額の支払いを条件として合意解約に応じることといたしました。

最終的には、相手方からも感謝の言葉があり、全体的な利益バランスとして良い解決に至ったように思います。

その他の解決事例はこちら

債権回収の解決事例一覧

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセスマップ
契約書の相談 債権回収の相談 消費者問題の相談 労務問題の相談
労使紛争の相談 不動産問題の相談 再生・倒産の相談 会社法の相談
顧問弁護士の相談 債務整理の相談 離婚の相談 交通事故の相談

Contentsmenu

弁護士法人グレイス

弁護士法人
グレイス

〈鹿児島事務所〉
鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6階

Accessmap

〈鹿児島事務所〉鹿児島県鹿児島市金生町1-1 ラウンドクロス鹿児島6階

Area

鹿児島県
全域

弁護士法人グレイス
債務整理相談サイト
交通事故相談サイト
離婚問題相談サイト
相続トラブル相談サイト
高次脳機能障害相談サイト
技能実習制度相談サイト
事務所サイト
離婚問題相談サイト

鹿児島の弁護士による中小企業法律相談
© Copyright 2017 弁護士法人グレイス 
All Rights Reserved.

鹿児島弁護士会所属 弁護士法人グレイス
〒892-0828 鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6F(鹿児島事務所)
TEL:099-822-0764 FAX:099-822-0765