リース契約上の代金未払いに関し、貸主側を代理して訴訟により金銭請求を行った事例 | 鹿児島 弁護士|弁護士法人グレイス 鹿児島県弁護士会所属

鹿児島弁護士会所属 | 弁護士法人グレイス 鹿児島を中心とする顧問先300社以上の信頼と実績

弁護士法人グレイス

経営者のためのレポート

close

法律に関する様々な
トピックを弁護士が解説

無料で読めるレポート登録はこちら

メールアドレスを入力→
登録ボタンをクリック
(10秒程お待ちください)

  • HOME
  • 解決事例
  • リース契約上の代金未払いに関し、貸主側を代理して訴訟により金銭請求を行った事例

【44】リース契約上の代金未払いに関し、貸主側を代理して訴訟により金銭請求を行った事例

ご相談分野 業種
債権回収 土木コンサルタント業

1相談内容

小さな企業を営んでいたが、近年仕事が少なくなり、高齢ということもあって引退した。

先般、当該企業の従業員が独立して会社を起こしていたため、引退に先立ち、その会社の備品等を一定期間貸し出し、賃貸期間満了時に譲渡する旨の契約(リース契約)を締結した。

もっとも、相手方企業は途中から賃料を支払わず連絡が取れなくなった。どうすればよいか。

2争点

・リース契約締結の有無
・相殺が認められるか否か

3解決内容

請求金額の8割の額での和解成立

4弁護士の所感

本件は当初交渉により解決する方針でおりましたが、相手方に支払意思が一切なく、当事務所からの連絡にも応じる姿勢が一切認められなかったため、訴訟を提起しました。

訴訟の中で、相手方はリース契約締結の事実を否認し、他方、自らがクライアント企業のために多額の支出を建替え弁済しているため、この立替金相当額につき相殺する旨主張して争う姿勢を示しておりました。

訴訟では、相手方が不実主張を行うことが予想されたため、これをおびき出した上、証拠によって同主張が虚偽であることを明らかにする方針を採用しました。実際、相手方より想定どおりの不実主張が書面で行われたため、それまで温めていた証拠を突きつけることで訴訟の大勢を決することができました。

後は、相手方の支払い能力、控訴審まで移行した際の費用と時間等を加味しながら、クライアントと協議の上、請求金額の8割をお支払いいただくことで和解しました。

その他の解決事例はこちら

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセスマップ
契約書の相談 債権回収の相談 消費者問題の相談 労務問題の相談
労使紛争の相談 不動産問題の相談 再生・倒産の相談 会社法の相談
顧問弁護士の相談 債務整理の相談 離婚の相談 交通事故の相談

Contentsmenu

弁護士法人グレイス

弁護士法人
グレイス

〈鹿児島事務所〉
鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6階
鹿児島天文館/鹿児島市電「いづろ通」

Accessmap

〈鹿児島事務所〉鹿児島県鹿児島市金生町1-1 ラウンドクロス鹿児島6階
鹿児島天文館/鹿児島市電「いづろ通」

Area

鹿児島県
全域

弁護士法人グレイス
債務整理相談サイト
交通事故相談サイト
離婚問題相談サイト
相続トラブル相談サイト
高次脳機能障害相談サイト
技能実習制度相談サイト
事務所サイト
離婚問題相談サイト

鹿児島の弁護士による中小企業法律相談
© Copyright 2017 弁護士法人グレイス 
All Rights Reserved.

鹿児島弁護士会所属 弁護士法人グレイス
〒892-0828 鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6F(鹿児島事務所)
TEL:099-822-0764 FAX:099-822-0765