2016/12/05開催<br />社会福祉法改正 完全無欠対応セミナー「定款を駆使し、法改正を味方につける!」知覧会場 | 鹿児島 弁護士|弁護士法人グレイス 鹿児島県弁護士会所属

鹿児島弁護士会所属 | 弁護士法人グレイス 鹿児島を中心とする顧問先280社以上の信頼と実績

弁護士法人グレイス

経営者のためのメールマガジン

close

法律に関する様々な
トピックを弁護士が解説

無料で読めるメルマガ登録はこちら

メールアドレスを入力→
登録ボタンをクリック
(10秒程お待ちください)

  • HOME
  • セミナー・講演
  • 2016/12/05開催
    社会福祉法改正 完全無欠対応セミナー「定款を駆使し、法改正を味方につける!」知覧会場

社会福祉法改正 完全無欠対応セミナー「定款を駆使し、法改正を味方につける!」知覧会場

2016年12月5日(月)に知覧にて、社会福祉法改正 完全無欠対応セミナー「定款を駆使し、法改正を味方につける!」を開催しました。

日時
2016年12月5日(月) 17時00分~19時00分
会場
知覧コミュニティセンター
講師
大武 英司
セミナー名
社会福祉法改正 完全無欠対応セミナー「定款を駆使し、法改正を味方につける!」

平成29年4月に改正社会福祉法が施行され、社会福祉法人の機関が持つ役割・権限の内容が大幅に変わります。その内容は、ただ単に改正法に合わせた機関設計をすればよいという話ではありません!鍵になるのは定款の内容です。今知っておかなければ社会福祉法人の事業の活動に大きな影響を及ぼすであろう今回の改正法について、弁護士が分かりやすく解説いたしました。

セミナー内容

  1. 改正社会福祉法により何が変わる?
  2. 評議員及び評議員会について
  3. 理事・理事会・監事について
  4. 役員等の責任について
  5. 最後に〜弁護士の活用方法〜

担当弁護士より

今回のセミナーは法改正がどのようなものであったかという一般論ではなく、提出を求められている定款をどのように設計することが可能なのかという観点を重視したものといたしました。

理事会と評議員会の権限バランスについてや、役員等の責任について十分な理解のないまま定款を提出してしまっていないか、もっと工夫すれば法人の運営を円滑に進めることを可能にする定款になったのではないか、ということを再検証する機会をご提供できたものと考えております。

社会福祉法人を取り巻く法的諸問題について、当事務所は現在注力しておりますので、再度のセミナーの実施や各種法律相談等のご希望がございましたら、是非当事務所までお問い合わせください。

セミナーアンケート

参加者の皆様にアンケートにご協力いただきました。

セミナーアンケート セミナーアンケート セミナーアンケート セミナーアンケート
■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセスマップ
契約書の相談 債権回収の相談 消費者問題の相談 労務問題の相談
労使紛争の相談 不動産問題の相談 再生・倒産の相談 会社法の相談
顧問弁護士の相談 債務整理の相談 離婚の相談 交通事故の相談

Contentsmenu

弁護士法人グレイス

弁護士法人
グレイス

〈鹿児島事務所〉
鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6階

Accessmap

〈鹿児島事務所〉鹿児島県鹿児島市金生町1-1 ラウンドクロス鹿児島6階

Area

鹿児島県
全域

弁護士法人グレイス
債務整理相談サイト
交通事故相談サイト
離婚問題相談サイト
相続トラブル相談サイト
大型債権回収サイト
高次脳機能障害相談サイト
技能実習制度相談サイト

毎週更新弁護士ブログ
ようこそ事務員ブログ

鹿児島の弁護士による中小企業法律相談
© Copyright 2017 弁護士法人グレイス 
All Rights Reserved.

鹿児島弁護士会所属 弁護士法人グレイス
〒892-0828 鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6F(鹿児島事務所)
TEL:099-822-0764 FAX:099-822-0765