鹿児島の弁護士による中小企業法律相談

相談のご予約はこちら(受付時間 平日9:00~18:00)

商標権 -商標の類否判断(2)-

企業法務2016/05  森田博貴 (※ニュースレター29号掲載)

1 先月のおさらい
前回は、類似という概念に関してご説明いたしました。今月は、その中でも、「結合商標」の類否判断を取り上げたいと思います。なお、結合商標とは、一般に、以下のように定義されます(注解商標法 参照)。

一 2以上の文字・図形又は記号の組合せから成る商標(この場合の文字とは既成語・造語をいう)
二 2以上の語の組合せから成る文字商標

今回は、特に、上記「二」の文字商標の組合せによる結合商標につき解説いたします。
 

2 2以上の語の組合せから成る結合商標の類否判断
(1) 基本
識別力(自己の商品または役務を他者のそれから区別させる能力)ある複数の言葉が結合された商標の場合、基本的には、識別力ある語をバラバラに分離して類否を判断します。
たとえば、「富士白鳥」という商標は、大きさの異なる2つの語から成るため、類否判断の際も「富士」・「白鳥」として各語を分離して検討されます。その結果、「富士白鳥」という商標は「富士」もしくは「白鳥」の商標に類似すると判断されます。
同じように、「鶴亀  万寿」という商標は、識別力ある2つの語が著しく離れて構成されているため、「鶴亀」・「万寿」と各語を分離して検討されます。その結果、「鶴亀  万寿」という商標は、「鶴亀」もしくは「万寿」の商標に類似すると判断されます。

(2) 例外
ただし、こうした結合商標の類否判断では例外も多く存在します。
たとえば、「未来づくり with you」という商標が「WITH YOU」という商標に類似するかが争われた事例がありますが、特許庁は、「未来づくり with you」という文字が、一体として「あなたと共に未来を作りましょう。」という観念を生じさせることを理由に、「未来づくり」と「with you」を分離して判断することなく、当該商標を一体として認識して「WITH YOU」と非類似であると判断しました。
また、「御用邸の月」という商標が「御用邸」という商標に類似するかが争われた事例において、裁判所は、「御用邸の月」という商標が、一体として「皇室の別邸より見る月」又は「皇室の別邸に昇る月」という観念を生じさせることを理由に、「御用邸」と「の月」に分離することなく、当該商標を一体として認識して「御用邸」と非類似であると判断しました。
 

結合商標の類否判断は解釈の振れが出やすい部分ではございますが、複数の結合した語が一体として特殊な観念を生じさせる場合には、一体判断がなされ非類似とされやすいといえそうです。

法律相談の新規予約専用ダイヤル 0120-100-129法律相談の新規予約専用ダイヤル 0120-100-129

事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

 

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセスマップ
契約書の相談 債権回収の相談 消費者問題の相談 労務問題の相談
労使紛争の相談 不動産問題の相談 再生・倒産の相談 会社法の相談
顧問弁護士の相談 債務整理の相談 離婚の相談 交通事故の相談

鹿児島の弁護士による中小企業法律相談
© Copyright 2017 弁護士法人グレイス All Rights Reserved.

弁護士法人グレイス
〒892-0828 鹿児島県鹿児島市金生町1-1 アルボーレ鹿児島6F
TEL:099-822-0764  FAX:099-822-0765