労働法コラム第6回「賃金(2) ー賃金から控除することができる費用って何?ー」 | 鹿児島 弁護士|弁護士法人グレイス 鹿児島県弁護士会所属

鹿児島弁護士会所属 | 弁護士法人グレイス 鹿児島を中心とする顧問先300社以上の信頼と実績

弁護士法人グレイス

経営者のためのレポート

close

法律に関する様々な
トピックを弁護士が解説

無料で読めるレポート登録はこちら

メールアドレスを入力→
登録ボタンをクリック
(10秒程お待ちください)

弁護士コラム

労働法コラム第6回

賃金(2) ー賃金から控除することができる費用って何?ー

労働法

2016/09

弁護士:大武英司

賃金(2) ー賃金から控除することができる費用って何?ー

前回のコラムでは、「賃金」を支払うべき対象者である「労働者」とは何かについて言及させていただきましたが、今回は「賃金」の問題について触れさせていただきます。

労働基準法11条によれば、賃金とは、「賃金、給料、手当、賞与その他名称の如何を問わず、労働の対償として使用者が労働者に支払うすべてのものをいう」とされています。およそ労働の対償(対価)として使用者が労働者に支払うものであれば賃金としての性質を有するという点がポイントです。

ここで、賃金についてよくある事例につき、是非ご確認いただきたい点を2点質疑応答の形でご説明いたします。

Q1. 労働者が会社に損害を与えたので、その損害分を控除して賃金を支払いましたが、問題がありますか?

A:使用者は労働者に対して、賃金を直接支払わなければならない(直接払いの原則)と同時に、支払時期に賃金全額を支払わなければなりません(全額払いの原則)。

例えば、労働者が会社所有の機械を故意に破損させた場合、会社には当然労働者に対して損害賠償請求権が発生します。しかしながら、だからといってその損害を賃金から控除して支給することは許されません。これを適法に行うためには、一旦は全額賃金を支払ったうえで、労働者の側から任意に損害賠償をした場合にそれを受け取ることができるに過ぎません。これは、非常によく起こり得る事例です。

なお、労働者が欠勤や遅刻等をした場合には、そもそも労働者に賃金請求権は発生していないので、違法な控除にはなりません。

Q2. つい最近従業員が辞めたが、賞与については支給日に在籍していなかったので支払いません。問題がありますか?

A:賞与については、就業規則等で、支給日当日に在籍していることを支給の要件とする「支給日在籍要件」が定められていることがあります。この要件を定めた就業規則が有効だろうかという点がここでの問題となります(就業規則等に定めがあることが前提です)。

この点について、賞与が当期の考課査定の評価と以後の精勤への期待を目的とする一面があることから、支給日に在籍していない者を不支給扱いにすることについても合理性が認められ、直ちに就業規則が無効とはなりません。

もっとも、例えば、いわゆるリストラの場合のように、使用者が労働契約の終了日を一方的に決定できるときに、支給日在籍要件を利用して不払いとすることは信義に反するものとして認められません。

賃金をめぐる問題は実に多岐にわたります。ご不明な点がありましたら、是非当事務所までお問い合わせください。

その他の関連するコラムはこちら

労務問題・労働法コラム 労務問題・労働法コラム
2018/07
労務問題

いわゆる「持ち帰り残業」と労働法

2018/06
労務問題

正社員と非正規社員の待遇格差について ~平成30年6月1日最高裁判決~

2018/05
労務問題

職員の採用と労働法

2018/04
労務問題

無期転換制度と雇止め

2018/03
労務問題

問題社員に対する対処法

2018/02
労務問題

有期雇用に関する基礎知識 ~不合理な労働条件の禁止~

2017/12
労務問題

有期雇用に関する基礎知識について ~契約期間及び契約の終了にかかる規制~

2017/10
労務問題

固定残業代制度が有効となるためには?

2017/09
労働法

有期雇用の無期転換申込権について

2017/08
労務問題

就業規則を知って活用する

2017/06
労働法

第13回 均等法及び育介法の防止措置について④~事情聴取後の対応~

2017/05
労働法

第12回 均等法及び育介法の防止措置について③~相談への対応方法~

2017/04
労働法

第11回 均等法及び育介法の防止措置について②~相談体制の整備について~

2017/03
労働法

第10回 均等法及び育介法の防止措置について①

2017/02
労働法

第09回 マタニティーハラスメント事件 ~広島中央保健生協事件~

2016/12
労働法

第08回 均等法と育介法の改正内容の概要

2016/10
労働法

第07回 ハラスメント問題について

2016/09
労働法

第06回 賃金(2)ー賃金から控除することができる費用って何?ー

2016/08
労働法

第05回 賃金(1)ー労働法が適用される「労働者」とはどんな従業員のこと?ー

2016/07
労働法

第04回 解雇(4)ー解雇をするために必要な手続って?ー

2016/06
労働法

第03回 解雇(3)ー従業員の私生活上の非行を理由に解雇はできるのか?ー

2016/05
労働法

第02回 解雇(2)ー従業員の職務懈怠があれば解雇は有効?ー

2016/04
労働法

第01回 解雇(1)ー解雇が無効となると、使用者側にはこんなリスクが!ー

弁護士コラム カテゴリー一覧

  • 労務問題・労働法コラム
  • 事業承継コラム
  • 知的財産権コラム
  • 法改正コラム
  • 下請法コラム
  • 個人情報コラム
  • その他のコラム
■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセスマップ
契約書の相談 債権回収の相談 消費者問題の相談 労務問題の相談
労使紛争の相談 不動産問題の相談 再生・倒産の相談 会社法の相談
顧問弁護士の相談 債務整理の相談 離婚の相談 交通事故の相談

鹿児島の弁護士による中小企業法律相談
© Copyright 2017 弁護士法人グレイス 
All Rights Reserved.

鹿児島弁護士会所属 弁護士法人グレイス
〒892-0828 鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6F(鹿児島事務所)
TEL:099-822-0764 FAX:099-822-0765