2014年6月号 ニュースレター | 鹿児島 弁護士|弁護士法人グレイス 鹿児島県弁護士会所属

鹿児島弁護士会所属 | 弁護士法人グレイス 鹿児島を中心とする顧問先280社以上の信頼と実績

弁護士法人グレイス

経営者のためのメールマガジン

close

法律に関する様々な
トピックを弁護士が解説

無料で読めるメルマガ登録はこちら

メールアドレスを入力→
登録ボタンをクリック
(10秒程お待ちください)

企業法務、経営諸課題の最新情報 2014年6月25日号

ニュースレターPDF版はこちらをクリック

いつも大変お世話になっております。
弁護士法人グレイス(旧古手川総合法律事務所)の丸山信一です。

遅かった梅雨入りはその猛威を振るい始め、鹿児島も観光列車「いぶたま」号が被害に遭うなどこれからも要注意です。

夢を繋いでくれたサムライブルーの戦いは予選を終えました。郷土の誇りは常に戦いの真ん中で輝いています。帰日の時には暖かくねぎらってあげたいという気持ちでいる方は多いはずです。ありがとう!次のステージでもっと輝いて!!

沸き立つ日本。そんな中で鹿児島の縁で注目されたのは、世界記憶遺産の国内候補と目された、知覧特効会館が保管する戦地に赴く隊員の残された家族への手紙です。
シベリア抑留者の帰港地舞鶴は国内候補となりましたが、残念ながら知覧は見送りに。次を期して欲しいものです。必要条件は発信力とのことですが、国内に視点を留めずに世界に共感を呼ぶ財産として大切にしていきたいものです。

私たちの視点も世界基準が求められます。海外進出、乃至は海外取引先の拡大は鹿児島でも日常的な話題です。また、否応なくビジネスモデルが変遷することはどの業界も避けられないところです。そのためにも農水畜産の分野も含めて、私どもグレイスはますます磨きを掛けてまいりたいと考えます。

さてこの度、県が国際協力推進のため、毎年度受け入れをしている海外技術研修員の受入機関として私どもグレイスが指名を受ける運びとなりました。秋口から約半年の滞在予定でその半分は当事務所で研修を行います。
弁護士として母国ブラジルで企業法務の分野を主に歩まれた男性の若手です。
いずれ紹介させていただく場面もあると思いますが、鹿児島県が目的の一つとする国際的な経済・文化の交流促進に寄与したいと思います。
このような場面でもグレイスは積極的な情報発信と社会貢献、そして取り組むべき課題の拡大に努めて参ります。

では、今月号のラインナップをご案内致します。
主題は、ずばり『問題社員対策』です。大きな期待をして採用した従業員ですから、大切に育て成長を促して将来を嘱望される人材に、と願う事業主様、採用ご担当者様のお気持ちは相応のものがあるはず。
しかし、願いは適わず、思わぬ現実に直面することは間々あるものです。そんなお悩みへの処方箋、或いはその事態への遭遇を避ける方策などを考えます。
必見のテーマです。

さあそれではメルマガ第6号をスタートさせましょう。

本号のコンテンツ

1.今月のトピックス
 茂木佑介弁護士を紹介します

2.今月のコラム
 問題社員対策  担当 茂木弁護士

3.いま注目の企業
 有限会社フレッシュミネサキ  代表取締役社長 峯﨑美千代氏

4.セミナー開催のお知らせ
  「問題社員対策」 7月31日(木)

5.グレイスおすすめ
 グレイス事務局スタッフからの今月の一押し

↓全項目へのリンク先はこちら
http://www.kotegawa-law.com/img/201406.pdf

ニュースレター

1.「『段取り』と『気配り』を忘れずに、皆様のお悩みを『迅速に』解決します。」 茂木佑介

毎回グレイス所属の弁護士が持ち回りで、皆さまへのご挨拶と弁護士の日常をお伝えするコーナーです。
第6回目の今号は、グレイス歴は未だ半年の茂木佑介弁護士の登場です。

弁護士の茂木と申します。昨年まで、東京で弁護士として研鑽を積んでおりましたが、この度、色々な御縁が重なり、グレイスの一員に・・・

↓このトピックスの続きはこちらからどうぞ!
http://www.kotegawa-law.com/img/201406_1.pdf

2.コラム「問題社員対策」

来月開催(7月31日(木))のオープンセミナーの内容の触りとしてご案内致します。
今号のお題は「問題社員対策」!!
ラインナップ紹介でも触れましたが、採用前の人物の見極めは大変難しいのが現実です。労基法で採用の自由は担保されますが、雇用契約を結んだ後の解雇のハードルは高いので、尚更対策が求められる所以です。しかし、現実はどうでしょうか。教育の成果がはかばかしくない、それどころか・・・そのような事態に対応できてこその、人的資源管理ですし、危機管理だと考えます。

社会の風潮が労働者保護的な色合いが強くなっている昨今、確実な体制強化は急務です。
今回のコラムも労務管理の点検や法的予防体制作りのきっかけになればと思います。

↓このコラムの内容についてはこちらからどうぞ!
http://www.kotegawa-law.com/img/201406_2.pdf

3.いま注目の企業紹介

有限会社フレッシュミネサキを紹介致します。

代表取締役社長の峯﨑美千代氏。
鹿屋市をベースに大隅半島一円にスーパーマーケットの店舗展開をされています。地域に頼られる24時間営業や独自の食材開拓のについて紹介をいたしたいと思います。また、グレイスとの出会い、そしてその後、現在までの関係性についてお話をうかがいました。

↓この紹介インタビューはこちらからどうぞ!
http://www.kotegawa-law.com/img/201406_3.pdf

4.次回7月開催のオープンセミナー

毎月1回のペースで月末に、無料開催を致しております。
5名様前後の参加による小規模で気さくな運営をいたします。顧問先様を始め、テーマに関心を持っていただける方に参加いただいているので、いつも意見交換や質疑応答で白熱した時間を共有できる、私どもにも有り難い機会となっています。

今回は労務の関心事であるテーマに切り込みます。事業主様、人事労務ご担当の皆様と共に考えてみたいと思います。お早めのご予約をお勧めします。

内容:『問題社員対策』
日時:平成26年7月31日(木)18時30分より20時30分まで
会場:弁護士法人グレイス事務所にて
受付:メール、またはお電話で

これからのセミナーも限られた時間内ではありますが、アットホームで分かり易さを追及します。
また、役に立つ内容を目指す上で、講師は必ずしも得意分野だけでないテーマも扱うよう努めています。皆様からも関心事をお寄せいただければテーマ設定に随時取り入れたいと思います。

このセミナーの詳細はこちらからどうぞ!
http://www.kotegawa-law.com/img/201406_4.pdf

または
http://www.kotegawa-law.com/355/

5.グレイスのおすすめ

事務局のスタッフがおすすめする今月の一押し!
スタッフが皆さまにお知らせしたい様々なジャンルの中から一つを選びます。
今月は、「姶良市蒲生町」をご紹介します。

↓この記事の詳細はこちらからどうぞ!
http://www.kotegawa-law.com/img/201406_4.pdf

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセスマップ
契約書の相談 債権回収の相談 消費者問題の相談 労務問題の相談
労使紛争の相談 不動産問題の相談 再生・倒産の相談 会社法の相談
顧問弁護士の相談 債務整理の相談 離婚の相談 交通事故の相談

Contentsmenu

弁護士法人グレイス

弁護士法人
グレイス

〈鹿児島事務所〉
鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6階

Accessmap

〈鹿児島事務所〉鹿児島県鹿児島市金生町1-1 ラウンドクロス鹿児島6階

Area

鹿児島県
全域

弁護士法人グレイス
債務整理相談サイト
交通事故相談サイト
離婚問題相談サイト
相続トラブル相談サイト
大型債権回収サイト
高次脳機能障害相談サイト
技能実習制度相談サイト

毎週更新弁護士ブログ
ようこそ事務員ブログ

鹿児島の弁護士による中小企業法律相談
© Copyright 2017 弁護士法人グレイス 
All Rights Reserved.

鹿児島弁護士会所属 弁護士法人グレイス
〒892-0828 鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6F(鹿児島事務所)
TEL:099-822-0764 FAX:099-822-0765