2016年12月号 ニュースレター | 鹿児島 弁護士|弁護士法人グレイス 鹿児島県弁護士会所属

鹿児島弁護士会所属 | 弁護士法人グレイス 鹿児島を中心とする顧問先280社以上の信頼と実績

弁護士法人グレイス

経営者のためのメールマガジン

close

法律に関する様々な
トピックを弁護士が解説

無料で読めるメルマガ登録はこちら

メールアドレスを入力→
登録ボタンをクリック
(10秒程お待ちください)

企業法務、経営諸課題の最新情報 2016年12月25日号

ニュースレターPDF版はこちらをクリック

いつも大変お世話になっております。
弁護士法人グレイスの丸山信一です。

今号で36回目の配信となりました。満三年を数えたことになります。
これからも皆様のお役に立つこと、そこに信念を持ってお送りいたします。先ずは御礼を申し上げます。

年末のビッグニュースが期待された日ロの首脳会談は空振りの感が否めないといったところでしょうか。シリア情勢で孤立感のあったプーチンさんでしたから、安倍さんの思惑では彼を引き込むチャンスだったのでしょうね。
でも欧州情勢、トランプさんの登場など、思惑が吹き飛ぶパワーバランスの変化の予兆が食い違いを生み出した格好です。

日本にとっては物足りない会談でしたが、ひるがえって日本の財政や経済も不透明感が漂っています。急速に進む円安株高は混沌とした行く先を象徴している様で、年明けの動きにも目が離せない感じです。

我々の事業を取り巻く環境も少なからず影響を受ける筈です。先を見据え、共に成果を得るための取組みは、いよいよ大切になってきています。

来年も私たちグレイスが必ずや皆様のお役に立つとの自負のもと、その決意の表明を今号ではお届けします。

何よりもお客様の事業の成功のために、そして永続的な発展のために!
私たちグレイスはお客様に寄り添う徹底した行動とそのスピードに拘って参ります。

それでは「満三歳」のメルマガ第36号をスタートさせましょう!!

本号のコンテンツ

1.トピックス
  ご挨拶

2.労働法コラム
  「均等法と育児介護休業法の改正内容について」  担当 戸田弁護士

3.事故コラム
  「損益相殺について」  担当 永渕弁護士

4.GRACE NEWS  
  (1)年末年始の営業のご案内
  (2)事故専門部からのお知らせ

5.事務員コラム
  商品・サービス紹介編「アフロデボーノ鹿児島天文館店」
  担当 大里陽子

↓全項目へのリンク先はこちら
 http://www.kotegawa-law.com/img/201612.pdf

ニュースレター

1.トピックス ご挨拶

代表弁護士の古手川隆訓を筆頭に3専門部の部長から皆様へご挨拶を致します。

代表の古手川が事業主様に向けたメッセージは、事業運営に貢献できるために進化を続ける弁護士事務所作りの使命感です。

そして主たる3専門部がどう変化しているのかをそれぞれ紹介していますので、是非グレイスの現況を感じていただきたいと思います。

↓このトピックスへはこちらからどうぞ!
http://www.kotegawa-law.com/img/201612_1.pdf

2.労働法コラム 第8回 均等法と育児介護休業法の改正の概要

労働法コラム8回目で実質デビューの戸田弁護士。大武部長からバトンタッチされての登場です。
先月開催された労務対策徹底強化セミナーで戸田弁護士が取り上げたハラスメントを題材にお話しします。

「均等法」「育児介護休業法」が来年1月1日に改正、即日施行されますので、かなりのインパクトがある課題です。事業主にとってはややもすれば軽く捉えがちな分野の一つというのが実態です。だからこその備えが必要でもあります。

とりわけ従業員教育と体制作りが肝となります。おおまかにもポイントを掴んでいただくためにもご一読をお勧めします。

↓このコラムへはこちらからどうぞ!
http://www.kotegawa-law.com/img/201612_2.pdf

3.事故コラム 第8回 損益相殺について

事故専門部、永渕弁護士の今回の話は交通事故の被害者が得る損害賠償額が減殺される問題に照準を当てます。

原則は事故に起因して得た利益は減殺されるということですが、例外は何であるかを把握しておくべきです。

社会保険、労働保険などは相殺されるもの、私的保険などは相殺されないものと大別できるかもしれませんが、読者の皆様にも正確に押さえていただきたいと思います。

↓このコラムへはこちらからどうぞ!
http://www.kotegawa-law.com/img/201612_3.pdf

4.GRACE NEWS

(1)年末年始の営業のご案内

12月29日より1月3日まで休業致します。
また、年内営業の最終日と翌新年最初の営業日は、通常期と比して営業時間帯が異なります。念のためご覧ください。

来る年も皆さまの事業と共に歩むことをグレイスのスタイルとして参りたいと思います。
どうぞ良き年をお迎え下さい。

(2)事故専門部からのお知らせ ホームページ続々更新中!

今回は交通事故被害者の方々に少しでも有益な情報をという思いで作成した小冊子(無料)のご提供についてお伝えします。

詳しくは次のリンク先からどうぞ。
http://www.kagoshima-kotsujiko.com/780/

↓このGRACE NEWSのコーナーへはこちらからどうぞ!
http://www.kotegawa-law.com/img/201612_4.pdf

5.事務員コラム    商品・サービス紹介編 「アフロデボーノ鹿児島天文館店」

メルマガ初登場の大里陽子がご案内役を致します。
今回彼女が訪れたのは顧問先様であるカジュアルイタリアンのお店『アフロデボーノ』です。天文館は山之口町に今年5月にオープン。福岡でも名店として知られています。

石窯も備える本格派であり、且つ様々な目的にも合わせられる雰囲気を兼ね備えているとのことです。彼女の取材から伝わってくるお食事シーンをお楽しみくださいね。

↓この記事へはこちらからどうぞ!
http://www.kotegawa-law.com/img/201612_5.pdf

■HOME ■事務所紹介 ■弁護士紹介 ■弁護士費用 ■アクセスマップ
契約書の相談 債権回収の相談 消費者問題の相談 労務問題の相談
労使紛争の相談 不動産問題の相談 再生・倒産の相談 会社法の相談
顧問弁護士の相談 債務整理の相談 離婚の相談 交通事故の相談

Contentsmenu

弁護士法人グレイス

弁護士法人
グレイス

〈鹿児島事務所〉
鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6階

Accessmap

〈鹿児島事務所〉鹿児島県鹿児島市金生町1-1 ラウンドクロス鹿児島6階

Area

鹿児島県
全域

弁護士法人グレイス
債務整理相談サイト
交通事故相談サイト
離婚問題相談サイト
相続トラブル相談サイト
大型債権回収サイト
高次脳機能障害相談サイト
技能実習制度相談サイト

毎週更新弁護士ブログ
ようこそ事務員ブログ

鹿児島の弁護士による中小企業法律相談
© Copyright 2017 弁護士法人グレイス 
All Rights Reserved.

鹿児島弁護士会所属 弁護士法人グレイス
〒892-0828 鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6F(鹿児島事務所)
TEL:099-822-0764 FAX:099-822-0765