文字サイズ − −
お気軽にお電話ください!03-3216-8021
トップページ > ニュースレター > 2018年9月号ニュースレターを掲載いたしました

ニュースレター

2018年9月号ニュースレターを掲載いたしました

2018/09/26

企業法務・経営諸課題の最新情報【2018年9月25日号】

いつも大変お世話になっております。
弁護士法人グレイスの丸山信一です。

災害列島。残念なことに又してもそこに住む我々に自然の猛威が牙を剥いた9月となってしまいました。どこで何があっても不思議ではない、そのような思いに囚われたのではないでしょうか。

「科学を信じない人間や自らの利益のために信じないふりをする人間に権力を与えるのはやめよう」とは先日米国であった気候行動サミットでの環境保護活動家でも知られるハリソン・フォード氏の発言です。自民党の総裁選も絡んでのことでしょうが、手を付けるべき優先課題に防災があると防災省構想がまたぞろ出ていますが、こちらはどうも不人気のようです。

しかし、不条理な出来事や現象が、我々には成すべきことがあるのではないかとの気持ちにさせるのは間違いありません。したり顔で軽視、或いは面倒と無視するのもありでしょうが、身を守る対策を急がねばならぬ責任が我々にはあるのも現実です。守るべき孫子のためにも大いに考えたいものですね。

大快挙!!大坂なおみが全米オープンテニスで日本人初となる4大タイトルの一つを制覇しました!!とんでもないスター選手が現れたものです。特に四回戦とファイナルは圧巻で、精神面のタフさを身に着けつつある20歳のこれからの飛躍に日本中が湧くことになるのでしょうね。22歳までの国籍の選択がどうであっても、「なおみ」のアイデンティティーは変わらないのでしょうから温かく見守りたいと思います。

それにしても一連の快挙の試合、放映チャンネルは契約していないのでテレビ観戦できずに残念です。こればっかりはどうにもならないですね…。

さて、今月も「残業代から使用者を守る!!」というタイトルでセミナーを開催しますが、鹿児島労働局が発表した17年度立ち入り調査の『違法』残業は129事業所で調査対象となった事業所の55%に上ったということです。そもそも労使協定を結ばずに残業をさせていた、結んでいても協定の限度以上であったりと怖い話が多い訳です。更に賃金未払いのいわゆるサービス残業を含めれば192事業所と8割以上が法令違反とされてしまっています。

これまでは厳しく問われることもなかった、どこも同じでそう心配していなかったと高を括る向きもありましたが、働き方改革がいよいよ進み、そして労働力不足で求人をハローワークに出す場合にも社内規程の不備を審査で突かれる今日この頃、労務問題から眼を逸らしては成り立ちゆかない現実です。

是正勧告や指導をもらうことが無いようにではなくて、積極的に予防する方策を立て、経営の効率化と労働環境の整備で社業を上向かせる、そんな取り組みを私たちグレイスはお手伝いいたします。

今号も是非読んでいただきたいコラムがあります!
皆様の身近でグレイスがお役に立つ仕事を致します。どうぞ私たちの活動にご注目下さい。

何時もいつもグレイスは身近で頼りになる、そのような信頼を寄せていただける法律事務所であり続けることを私たちはお約束いたします!

何よりもお客様の事業の成功のために、そして永続的な発展のために!
私たちグレイスはお客様に寄り添う徹底した行動とそのスピードに拘って参ります。

それではメルマガ第57号をスタートさせましょう!!

本号のコンテンツ

「ニュースレター」の関連記事はこちら

取り扱い分野一覧

ご相談のご予約はこちらから

鹿児島事務所

鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6階

TEL.099-822-0764

福岡事務所

福岡県福岡市博多区博多駅東
1丁目11番15号 博多駅東口ビル2階

TEL.092-409-8603

東京事務所

東京都港区西麻布3-2-43
西麻布3243 3階

TEL.03-6432-9783