文字サイズ − −
お気軽にお電話ください!03-3216-8021
トップページ > 解決事例 > 訴訟・紛争 > 【45】Twitter上の誹謗中傷記事に関し、被害者を代理して刑事告訴した事例

解決事例

【45】Twitter上の誹謗中傷記事に関し、被害者を代理して刑事告訴した事例

2019/09/10
相談分野
訴訟・紛争
業種
人材紹介・登録支援機関

1. 相談内容

芸能事務所の経営を行っているが、所属タレントの過激なファンと思しき人物がTwitter上で、当社を誹謗する記事を複数回掲載している。

掲載されている記事は、いずれも事実無根のものであり当社の信用を毀損しかねないものばかりである。ついては、この書込みを行った者に対して厳しい法的制裁を加えたい。

なお、この誹謗中傷記事は本人もまずいと思ったのか既に削除されているが、一度行った行為を許容するつもりはない。

2. 争点

SNS上に誹謗中傷記事を掲載した者に対する刑事告訴の可否

3. 解決内容

刑事告訴を通じ、相手方に罰金20万円の刑事罰が下された。

4. 弁護士の所感

本件は、twitter上の誹謗中傷記事に関するものでありました。twitterのアカウント名義はニックネームであり、本人が誰かの確証はないものの、クライアントの側でおおよその予想は付くとのことでした

さしあたり、その人物に対し、当事務所から警告通知を送ったところ、その数日後に法律事務所から通知が送られてきたこと、及び、今後誹謗中傷記事を挙げない旨を約束するtweetがなされました。

その後、しばらくの間は平穏であったが、一定期間が過ぎるとふたたびtwitter上での誹謗中傷が再開されたため、警察署に対して当事務所がクライアントを代理して刑事告訴の手続を取ることといたしました。警察は、いわゆる経済犯罪・ネット犯罪については捜査の困難性から告訴受理に関して消極的な姿勢をとりがちで、本件も当初は非常に慎重な姿勢をとっておりました。

もっとも、当事務所の方で収集可能な資料はすべて取り付け、訴追の上での立証経路を示す等の努力を行うことで、最終的には告訴を受理してもらうことができました。

その後は、警察の多大な努力もあり、中傷記事の書込者に対して刑事罰を与えることができ、クライアントの要望をすべて叶えることができたかと思います。

相談分野で探す

業種で探す

「解決事例」の関連記事はこちら

取り扱い分野一覧

ご相談のご予約はこちらから

東京事務所

東京都港区西麻布3-2-43
西麻布3243 3階

TEL.03-6432-9783

福岡事務所

福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目12番15号
BMBインターシティ4階

TEL.092-409-8603

鹿児島事務所

鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6階

TEL.099-822-0764

熊本事務所

熊本市中央区安政町8-16 村瀬海運ビル401

TEL.096-245-7317