文字サイズ − −
お気軽にお電話ください!0120-77-9014
トップページ > 顧問チャット活用実例 > 「退職予定社員に対する損害賠償の対応」

顧問チャット活用実例

「退職予定社員に対する損害賠償の対応」

2020/11/27
chatwork

気軽に弁護士に相談できる「顧問チャット」でいただいた
興味深い内容をご紹介いたします。

vol.13

今月退職予定の社員がおります。この社員が辞めさせない、とも言っていないのに弁護士に頼んで退職の通知をしてきました。
この社員は勤務態度もよくなく、同僚ともうまくいかず困っていたところでした。最近、会社の車に約8万円の修理が必要な交通事故を起こし、まだ処理が済んでおりません。加えて、昨年も交通事故を起こしており、対人賠償約130万円、対物約25万円を支払いました。今回の事故については全額弁償してほしいところですが、業務中の場合、全額請求は無理なものでしょうか。もし、無理ならどれくらいまで請求できるものでしょうか。

T社様

T社様

車両の賠償について回答させていただきます。
裁判例等に照らすと、その事業の性格、規模、施設の状況、労働者の業務の内容、労働条件、勤務態度、加害行為の態様、加害行為の予防もしくは損失の分散についての使用者の配慮の程度、その他諸般の事情を考慮して、どこまで請求できるかが判断されます。そして、多くの場合、会社から従業員に対する損害賠償請求は、損害の2割から3割程度に制限されることがほとんどです。全額を請求できるのは、故意の場合でないと困難です。
今回の報告書を見た限り、この従業員の運転は不注意ではありますが、極めて悪質とまではいいかねるため、以前にも同様の事故を起こしていることを踏まえて、3割程度の請求が妥当と考えます。

 

回答した弁護士

企業法務部

弁護士戸田 晃輔

今回は、業務中に起こした社員の交通事故の賠償請求についてのご質問をいただき、社員への妥当な請求額についてご回答をさせていただきました。
顧問チャットは、ネット環境さえあれば、いつでも、どこでもやり取り可能なツールです。チャットワークの活用により、顧問弁護士をより身近に感じていただき、弊所のサービスが皆様のビジネスの加速に貢献できましたら幸いです。

顧問先様の声

顧問チャットをご活用くださっている顧問先様から、サービスへのご意見をいただきました。

  • スピード感が圧倒的に早い!!

    顧問先様の声
  • 外出先でも回答をいち早くどこでも見ることができる

    顧問先様の声
  • 誰宛てと考えずに、質問がどんどん出来るうえ、FAX・メール・アポ取りといった煩雑さが一切無い

    顧問先様の声

「顧問チャット活用実例」の関連記事はこちら

取り扱い分野一覧

ご相談のご予約はこちらから

全国対応可能・メールでのお問い合わせは24時間受付

東京事務所

東京都港区西麻布3-2-43
西麻布3243 3階

TEL.03-6432-9783

福岡事務所

福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目12番15号
BMBインターシティ4階

TEL.092-409-8603

熊本事務所

熊本市中央区安政町8-16 村瀬海運ビル401

TEL.096-245-7317

鹿児島事務所

鹿児島県鹿児島市西田2丁目27-32
TYビル 4-7F

TEL.099-822-0764