文字サイズ − −
お気軽にお電話ください!0120-77-9014
トップページ > 取り扱い分野一覧 > 労務問題

労務問題

中小企業が抱える法律問題の中で最も多いのは、労務問題といえます。
残業、就業規則、解雇、社員とのトラブル等が、労働組合を巻き込んで、経営の根幹を揺るがす大問題になることがあります。ここではご相談が多い労務問題の各項目について、解説いたします。

 

賃金・残業代についてお困りの方

近年増加する未払い残業代トラブルの状況を踏まえ、将来の未払残業代請求に備え会社が採り得る予防策のご提案と、その仕組みを理解するのに必要となる知識などについて解説いたします。

弁護士が解説!賃金未払いの罰則について

弁護士が解説!賃金未払いの罰則について

厚生労働省労働基準局発表の平成27年労働基準監督年報によると、労働基準監督官が司法処分として検察庁に送検した件数は966件もあります。そのうち約40%が労基法違反を理由とするものです。このようなデータがあるにもかかわらず、労基法違反が刑事責任にも問われ得るものと認識している経営者は意外と少ないのではないでしょうか。

2021.10.05

new

残業代の未払いにおける注意点・罰則

残業代の未払いにおける注意点・罰則

労働者が使用者(会社)の指揮命令下にある時間は、労働時間とされます。労働基準法により労働時間の規制はありますが、労使間による時間外労働に関する協定(36協定)が締結されているときには、法定労働時間を超えて労働させることができます。

2021.10.05

new

見落とされがちな「36協定違反に罰則が適用される」リスク

見落とされがちな「36協定違反に罰則が適用される」リスク

36協定という言葉は、法律上の用語ではありませんが、会社の労務管理上では、非常に重要なものです。

2021.09.22

new

変形労働時間制は残業代の節約に役立つか

変形労働時間制は残業代の節約に役立つか

変形労働時間制を採用している会社は、意外に多く見かけることがあります。

他方で、変形労働時間制の内容を正確に理解している会社は少なく、変形労働時間制を採用することにより、残業代を支払わなくてもよいと誤解しているケースもあります。

2021.08.02

変形労働時間制と残業代

変形労働時間制と残業代

変形労働時間制を採用している会社は、意外に多く見かけることがあります。他方で、変形労働時間制の内容を正確に理解している会社は少なく、変形労働時間制を採用することにより、残業代を支払わなくてもよいと誤解しているケースもあります。

2021.07.29

裁量労働制により残業代を節減できるか

裁量労働制により残業代を節減できるか

裁量労働制という言葉をお聞きになった方も多いと思われますが、その実態は、必ずしも正確に理解されていないことが多いように思われます。裁量労働制とは、業務の遂行方法・勤務時間等について、労働者の裁量にゆだねることを認める制度です。

2021.07.29

労働基準監督署について弁護士が説明します

労働基準監督署について弁護士が説明します

働き方改革以降、労働をめぐる社内の状況に頭を悩ませている事業主様は非常に多いのではないでしょうか。弊所も「従業員が労働基準監督署に駆け込んで相談しているようだ」「労働基準監督署により調査目的で立ち入りされた」等のご相談を受けることは頻繁にあります。これらは直ちに問題となる事象ではございませんが、事業主様が漠然とした不安を抱かれるきっかけになるのは当然です。

2021.07.12

36協定の留意点について弁護士が解説

36協定の留意点について弁護士が解説

皆様は「36協定」という言葉をご存じでしょうか。もしご存じでない場合、無自覚に刑事罰を課す法律に違反してしまっているかも知れません。厚生労働省の平成25年度労働時間等総合実態調査によると、36協定を締結していない事業場は

2018.11.15

賃金の支払方法についての法律上の規制にはどのようなものがあるか

賃金の支払方法についての法律上の規制にはどのようなものがあるか

労働基準法24条には賃金の支払方法に関する規制について、「賃金は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない」「賃金は、毎月一回以上、一定の期日を定めて支払わなければならない」と定められています。ただ単に賃金を支払うといっても、いくつかの規制が存在しますので、

2018.11.07

どのような時間が労働時間にあたるのか

どのような時間が労働時間にあたるのか

従業員が使用者に対し残業代を請求する場合等、賃金の支給不支給をめぐって先鋭化する問題として、「請求している賃金に対応する時間が、そもそも労働時間に該当するのか」という問題があります。そこで、従業員に賃金請求権が発生する「労働時間」とはいったいどのような時間を指すのかと

2018.11.07

フレックスタイム制により残業代を節減できるか

フレックスタイム制により残業代を節減できるか

フレックスタイム制という言葉をお聞きになった方も多いと思われますが、その実態は、必ずしも正確に理解されていないことが多いように思われます。フレックスタイム制とは、通常であれば、始業時刻と終業時刻が決められているところ、いつ出社・退社してもよい時間帯と必ず勤務しなければならない時間帯に分けて、労働時間の弾力化を図る制度のことです。

2018.10.16

残業代を支払う対象とは -労働者とはどのような者をいうのか

残業代を支払う対象とは -労働者とはどのような者をいうのか

業務に従事する者全てに対し、労働法が適用される訳ではござません。例えば、解雇の問題や残業代の問題はいずれも労働法が適用される場合の法律問題です。そして、労働法が適用される前提として、業務に従事する者が労働法上の「労働者」にあたるか否かを検討することが必須となります。

2018.10.03

固定残業代制度が有効となるためには?

固定残業代制度が有効となるためには?

平成29年7月7日、勤務医が私立病院を相手取って残業代請求をした案件についての最高裁判決が出されました。この判決は、高額な年俸制を採用していることを主たる理由として固定残業代を勤務医に支給していたと主張する病院側が敗訴したものでした。

2018.09.27

 

問題社員・解雇についてお困りの方

経営者の方々が日々直面する「問題社員」についてどのように対応すべきなのか、逆にどのように対応すると問題になるのか、等について解説いたします。

解雇をはじめとする問題社員対応をめぐる問題点

解雇をはじめとする問題社員対応をめぐる問題点

弊所は全国から500社の企業・事業主様より顧問弁護士としてご指名をいただいており、日々、種々のご相談を頂いております。その中には様々な業種が存在しますが、業種・業態を問わず共通して多いご相談内容が、問題社員への対応策についてです。

2021.09.27

new

雇い止め予告のルール

雇い止め予告のルール

雇い止めの法規制としては、解雇権濫用法理(労基法第16条、17条)の他、解雇予告の定め(労基法第20条)があります。

2021.07.15

new

雇止めについて弁護士が解説

雇止めについて弁護士が解説

多くの企業では、契約期間に期限の定めがある労働契約を締結した従業員(いわゆる非正規労働者や契約社員と呼ばれる従業員、以下「有期労働者」といいます)が存在します。

2021.07.12

元労働委員会事務局の弁護士がユニオン・合同労組について解説

元労働委員会事務局の弁護士がユニオン・合同労組について解説

皆様は、ユニオン・合同労組という言葉を御存知でしょうか?一般的に、合同労組とは、一定の地域等で企業の枠を超え、中小企業の労働者を主に組織し、個人加盟できる労働組合のことを言います。大企業であれば企業内組合があるところもあるでしょうが、中小企業では労働組合のないところの方がむしろ多いと思います。

2018.09.26

懲戒解雇が有効となるためには

懲戒解雇が有効となるためには

解雇にも普通解雇、懲戒解雇、整理解雇等、いくつかの種類がありますが、そのうちの懲戒解雇は、あくまで懲戒処分としての解雇ですので、そもそも懲戒処分ができるのかという点が問題となります。

2018.09.25

 

雇用契約についてお困りの方

「契約社員」「派遣社員」「嘱託」「アルバイト」「パート」など、正社員ではない形で働いている有期雇用労働者の、雇用契約に関連する問題について解説いたします。

正社員以外の雇用契約書で注意が必要な点

正社員以外の雇用契約書で注意が必要な点

雇用契約書を作成している会社であっても、従業員の雇用形態に分けて、雇用契約書を作成している会社は少ないと思われます。

2021.10.22

new

雇用契約書を作成する必要があるか

雇用契約書を作成する必要があるか

法律により、会社が従業員を採用する際には、書面で明示する必要のある事項が定められています。従業員が希望する場合には、FAX・電子メール・SNS等の方法でも可能とされています。このような通知書を「労働条件通知書」といいます。

2021.10.21

new

有期雇用契約の期間と終了について

有期雇用契約の期間と終了について

有期雇用契約とは、期間の定めのある労働契約のことをいいます。

2021.08.16

試用期間について

試用期間について

試用期間とは、雇い入れた従業員の能力や適性を評価して本採用とするかどうかを判断するための期間をいいます。試用期間の長さは、一般的に、3ヵ月から6か月を設定することが多いようです。

2021.07.29

派遣と同一労働・同一賃金について弁護士が解説

派遣と同一労働・同一賃金について弁護士が解説

同一労働・同一賃金は、正社員と契約社員・パート社員との間の格差を問題にするものですが、必ずしも、契約社員・パート社員に限った話ではありません。

2021.07.12

派遣と同一労働・同一賃金

派遣と同一労働・同一賃金

同一労働・同一賃金は、正社員と契約社員・パート社員との間の格差を問題にするものですが、必ずしも、契約社員・パート社員に限った話ではありません。

2021.07.12

従業員が会社の従業員や顧客を引き抜くことは違法なのか

従業員が会社の従業員や顧客を引き抜くことは違法なのか

従業員が会社の従業員や顧客を引き抜いて退職することが度々問題となります。会社にとっては、会社の資本を投下して獲得した顧客を引き抜けれた場合の損害は計り知れません。しかし、従業員による会社の顧客の引き抜きは秘密裏に行われることが多く、実際に裁判において引き抜き行為の違法性を立証し、これを違法と判断してもらうのは容易ではありません。

2021.07.12

解雇と退職勧奨の違いについて弁護士が解説

解雇と退職勧奨の違いについて弁護士が解説

事業活動を行うにあたり、会社として、労働者との労働契約を解消したい場合に遭遇することも珍しくはないと思います。

2021.06.18

退職勧奨の進め方

退職勧奨の進め方

退職勧奨とは、使用者が労働者に対して、自ら退職するよう促すことをいいます。その方法としては、使用者が無条件の辞職を促す場合や、退職金の上乗せなどの条件を呈示する場合があります。

2021.06.18

復職可能性の判断に関する法的問題点

復職可能性の判断に関する法的問題点

休職は、一般にある労働者について①就労不能な事由が生じた時に、労働契約は維持しながらも②当該労働者の労務提供義務を免除する制度、等と言われています。

2021.06.18

退職する従業員の秘密情報の持ち出しリスク・競業ビジネスを開始するリスクをどのように防止するか

退職する従業員の秘密情報の持ち出しリスク・競業ビジネスを開始するリスクをどのように防止するか

会社として、従業員から秘密保持誓約書を取得することを検討することは、よくあることです。これは、どのような会社であっても、社外に流出すると困る情報があるためです。

2021.06.03

定年廃止が企業にもたらすメリット・デメリット

定年廃止が企業にもたらすメリット・デメリット

平成25年に施行された高年齢者等の雇用の安定等に関する法律(以下「改正高年齢者雇用安定法」)により、65歳未満の定年制を採用する会社は、

2021.05.07

子の看護休暇・介護休暇の時間単位の取得

子の看護休暇・介護休暇の時間単位の取得

皆さまは、子の看護休暇・介護休暇という制度をご存じでしょうか。

この休暇制度は、『育児・介護休業法』という法律で定められております。

2021.03.31

70歳までの就業機会の確保について弁護士が解説

70歳までの就業機会の確保について弁護士が解説

平成25年に施行された高年齢者等の雇用の安定等に関する法律(以下「改正高年齢者雇用安定法」)により、65歳未満の定年制を採用する会社は、

2021.03.31

定年・継続雇用制度について弁護士が解説します

定年・継続雇用制度について弁護士が解説します

定年制は、ほぼ全ての会社が導入している制度ですが、他社例を参考にした規定をとりあえず設けるにとどまり、その内容を正確に理解できていないケースも散見されます。

2019.03.14

労働者派遣のイロハのイ

労働者派遣のイロハのイ

現在、労働者派遣なくして、日本社会は成り立たないといっても過言ではないほどに、派遣が一般に浸透しているかと思います。ただ一方で、労働者派遣については、法令が複雑であり、さらに法改正が度々為されるため、非常に分かりにくい制度となっております。

2019.02.26

「偽装請負」に違反していないか・チェックポイントと注意点

「偽装請負」に違反していないか・チェックポイントと注意点

偽装請負という言葉は、報道等でも時々目にすることがあります。しかし、その実態は、必ずしも正確に理解されていないことが多いです。偽装請負とは、本来であれば、

2018.11.07

無期転換制度とはどのような制度か

無期転換制度とはどのような制度か

会社や事業主に雇用される労働者の中には、雇用期間に定めのある契約(有期労働契約)による場合があります。例えば、1年間の雇用契約を取り交わし、期間満了によって契約を更新するような場合がこれに該当します。

2018.10.12

パートタイム労働者について弁護士が解説

パートタイム労働者について弁護士が解説

雇用形態として期間の定めがなくフルタイムで働くいわゆる正社員の他にも、一般的に「パート」、「アルバイト」等と呼ばれる労働者が存在します。

2018.10.05

育児休業制度と子の看護休暇制度とは何か

育児休業制度と子の看護休暇制度とは何か

労働法の中には、子の養育や家族の介護を容易にするために所定労働時間等に関して事業主が講ずべき措置などを定める「育児介護休業法」と呼ばれる法律が存在します。

2018.09.27

資格取得費用の返還について弁護士が解説

資格取得費用の返還について弁護士が解説

近時、従業員のキャリアアップのために資格の取得を奨励し、資格取得費用の補助を行う企業様もいらっしゃると思います。資格を取得した従業員がそのまま勤務を続けてくれるのであれば何もトラブルは起きないのでしょう

2018.09.27

配転について弁護士が解説

配転について弁護士が解説

「配転・配置転換」という言葉は企業に関わっている皆様であれば当然お聞きになられたことがあると思います。本稿では、企業の皆様が日常的に行われている配転について、解説していきます。

2018.09.26

従業員による会社ノウハウの持ち出し防止と誓約書の取得

従業員による会社ノウハウの持ち出し防止と誓約書の取得

従業員が在職中の場合は、就業規則に秘密保持に関する規定がなかったり、従業員から秘密保持に関する誓約書を取得していなかったとしても、従業員は秘密保持義務を負うと解されています。これは、労働契約に当然に付随する義務として、従業員には、会社の業務上の秘密を保持する義務が課せられているためです。

2021.06.03

従業員が競合ビジネスを開始することを防ぐために -競業禁止契約は必要か

従業員が競合ビジネスを開始することを防ぐために -競業禁止契約は必要か

従業員が在職中の場合は、就業規則に競業禁止に関する規定がなかったり、従業員から競業禁止に関する合意書を取得していなかったとしても、従業員は競業禁止義務を負うと解されています。

2018.09.25

 

ハラスメントについてお困りの方

セクシャルハラスメント、パワーハラスメント、マタニティハラスメントなど、各ハラスメント問題に対する予防策、さらには起きてしまった問題に対する対応をどのようにすべきか、等について解説いたします。

カスタマーハラスメントについて

カスタマーハラスメントについて

カスタマーハラスメントとは、消費者、顧客、社外の労働者等(カスタマー)から、従業員に対し、著しい迷惑行為、悪質なクレーム、パワーハラスメント、セクシャルハラスメントなどの行為のことをいいます。

2021.10.22

new

ハラスメントと法律

ハラスメントと法律

「ハラスメント」とは、精神的・身体的苦痛を与える行為又は職場環境を悪化させる行為をいいます。職場においては、セクシュアルハラスメント、パワーハラスメントマタニティハラスメントなどが、問題になるケースが多く発生しています。今回は、セクシャルハラスメントと法律について取りあげます。

2021.10.18

new

弁護士が解説 企業が講じるべきセクハラ・パワハラ対策

弁護士が解説 企業が講じるべきセクハラ・パワハラ対策

職場におけるハラスメントの中でも、セクシャルハラスメント(以下「セクハラ」といいます。)とパワーハラスメント(以下「パワハラ」といいます。)は代表例といえます。これらのハラスメントについては、男女雇用機会均等法によってセクハラの防止措置の策定が、労働政策総合推進法(パワハラ防止法)によってパワハラの防止措置の策定が、企業に義務付けられており、ハラスメント対応は企業にとって必須の課題といえます。
以下では、企業が講じるべきハラスメント対策について解説します。

2021.08.16

パワハラ問題について弁護士が解説

パワハラ問題について弁護士が解説

ハラスメント問題については、昨今、様々な類型のハラスメントが定義され、ハラスメント対策の必要性についても社会の共通認識となりつつあると言えます。ハラスメントの中でも代表的なものはパワーハラスメント(以下「パワハラ」といいます。)です。

2021.08.16

パワハラ防止措置の義務化に弁護士が解説

パワハラ防止措置の義務化に弁護士が解説

いわゆるパワハラ防止法、(正式名称は「労働施策の総合的な推進並びに労働者の雇用の安定及び職業生活の充実等に関する法律」といいます)が、2019年5月に改正され、これにより企業にパワーハラスメント(以下「パワハラ」といいます)の防止対策を講じることが義務化されています。

2021.03.31

マタハラを防止するために事業主が負う義務

マタハラを防止するために事業主が負う義務

ハラスメントで代表的なものは、セクシャルハラスメントとパワーハラスメントかと思います。近年では、さらにこれら2つのハラスメントに加えてマタニティーハラスメントも問題となっています。

2018.10.05

セクハラについて弁護士が解説

セクハラについて弁護士が解説

セクシャルハラスメント(以下「セクハラ」といいます。)とは、職場における相手方の意に反する性的言動による嫌がらせと一般的に考えられています。

2018.09.27

 

健康問題・メンタルヘルスについてお困りの方

近年増加傾向にある従業員のうつ病と企業責任に関する紛争を踏まえ、従業員にうつ病の傾向がみられる場合、経営者としてどのように対処すべきなのか、等について解説いたします。

職場のメンタルヘルス問題について弁護士が解説

職場のメンタルヘルス問題について弁護士が解説

メンタルヘルスという言葉をよく聞くようになりました。メンタルヘルスとは、精神的な健康、心の健康といった意味になります。そして、うつ病といったメンタルヘルスの不調を訴える従業員も珍しくありません。

2021.10.22

new

弁護士が解説・休業手当とは何か?

弁護士が解説・休業手当とは何か?

従業員の休業に関しては様々な制度や金銭給付が存在します。「休業手当」や「休業補償」といった用語は知っていても、それらの違いについては意外と知らない。そんな声もよく聞くところです。

2021.07.12

コロナ禍で注意すべき従業員の休業について

コロナ禍で注意すべき従業員の休業について

新型コロナウイルスの猛威は留まるところを知らず、収束の見通しが立たない状況が続いています。企業様の中には、従業員が新型コロナウイルスに感染した、又は、感染が疑われる状況に遭遇したという方も増えておられるのではないでしょうか。

2021.07.12

 

個人情報についてお困りの方

個人情報についてお困りの方

個人情報の保護が叫ばれる中、顧客情報はもちろん、従業員の個人情報についてもどのように扱っていくべきなのか、適切な管理のための必要な措置や具体的な注意点等について解説いたします。

 

 

採用についてお困りの方

採用の自由やその限界、内定についてなど、職員の採用に関する労働法の考え方などについてお伝えいたします。

高年齢者継続雇用制度について弁護士が解説

高年齢者継続雇用制度について弁護士が解説

現在、日本では少子高齢化が急速に進んでおり、これに伴い労働力人口も減少しています。また、平成29年3月28年に出された「働き方改革実行計画」では、

2018.09.27

new

 

就業規則についてお困りの方

「会社の憲法」とも呼ばれる就業規則について、他の法律や契約との関係性、作成や変更方法など、より深く知って活用するための知識を解説いたします。

就業規則において気を付けるべき点~労働時間について~

就業規則において気を付けるべき点~労働時間について~

労働基準法(以下「労基法」といいます。)において、就業規則に記載しなければならない事項は①労働時間に関する事項(始業及び終業の時刻、休憩時間、休日、休暇等)②賃金に関する事項(賃金の決定、計算及び支払の方法、賃金の締切り及び支払の時期並びに昇給に関する事項)③退職に関する事項(解雇も含む)となります。

2021.10.21

new

休職に潜む落とし穴について弁護士が解説します

休職に潜む落とし穴について弁護士が解説します

休職制度は、比較的多くの会社が有している制度かと思います。ただ、同時に休職制度をこれまであまり使ったことがない、または、休職制度が却ってトラブルの種になってしまった、なんてことも実際にあります。

2019.03.07

 

その他の事項についてお困りの方

偽装請負

偽装請負

契約上は「請負契約」を締結したものの、実態は「労働者派遣」であるものをいいます。

請負契約は、民法632条において、「請負は、当事者の一方がある仕事を完成することを約し、相手方がその仕事の結果に対してその報酬を支払うことを約することによって、その効力を生ずる。」と定められており、仕事の完成を債務とする契約です。請負契約の場合、発注者と受託者(の労働者)との間に、指揮命令関係が生じません。

2021.09.22

new

従業員等による会社従業員の引き抜き行為をめぐる問題について

従業員等による会社従業員の引き抜き行為をめぐる問題について

弊所は問題社員に対応する会社からのご相談を多数取り扱っておりますが、雇用契約継続中における問題社員対応だけでなく、解雇や退職の後すなわち雇用契約終了後における元従業員の問題行動に対応することも多いです。退職後における問題行動の典型例は、会社に対する誹謗中傷や会社機密情報の使用や漏洩、未だ在職中の従業員に対する引き抜き行為等が挙げられます。本コラムではこの引き抜き行為について説明いたします。

2021.08.16

new

労働基準監督署の指導を軽視することは危険!

労働基準監督署の指導を軽視することは危険!

弊所は企業や事業主からのご相談を中心に受けておりますが、その中でも最も多いものが労働問題に関するご相談です。特に、問題行動を起こしている従業員に対する対応方法に関するご相談を受けることが多くなっていますが、その中で「従業員が労働基準監督署に相談に行っている」という話に触れることがあります。

2021.07.12

副業・兼業をわかりやすく整理してみました

副業・兼業をわかりやすく整理してみました

副業・兼業という言葉をお聞きになった方の中には、長らく、長時間勤務により、会社の業務を疎かにするものである、情報漏洩の危険性があるなど、あまり良いイメージを持たれていない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

2018.11.27

意外と知らない休日の事実

意外と知らない休日の事実

休日とは何か。知っているようで、実は意外と知らないのが休日という仕組みになります。ここでは、休日の基本的なルールを改めて確認していただくとともに、労働者から休日中の残業代を請求されるといったことにならないよう、ご自身の会社の慣行を振り返る機会にしていただければと思います。

2018.11.05

弁護士から見た休憩時間の問題点

弁護士から見た休憩時間の問題点

近日、生産性の向上、働き方改革など、「労働時間」が注目される中、「休憩時間」に着目する人は、会社経営者も含め、意外と少ないのではないでしょうか。この記事では、休憩時間の基本的なルールとともに、休憩時間の問題が決して些細な問題でないことを認識いただければと

2018.10.24

年次有給休暇について弁護士が解説

年次有給休暇について弁護士が解説

年次有給休暇とは、一定期間継続して勤務した労働者に対して、心身の疲労を回復しゆとりある生活を保障するために付与され、取得しても賃金が減額されない休暇をいいます。有給休暇は、正社員、アルバイトなど雇用形態にかかわらず、以下の要件を満たせば取得することが可能です。

2018.10.22

弁護士が教える従業員のSNSに関する紛争

弁護士が教える従業員のSNSに関する紛争

近年、従業員によるSNSへの不適切な書込みにより、会社が思わぬ損害を被るケースが徐々に社会問題となっております。当ホームページでは、会社の被る具体的な損害の内容、従業員によるSNSを事前に防ぐための予防

2018.09.28

従業員とのトラブル解決機関(あっせん・労働審判)の特徴を比較する

従業員とのトラブル解決機関(あっせん・労働審判)の特徴を比較する

会社と従業員との間では、様々な理由によりトラブルになることがあります。解雇・雇止め、賃金の引き下げ・退職勧奨、パワハラ・セクハラ、懲戒処分、未払残業代の請求などが典型的なものですが、必ずしもこれらに限られません。

2018.09.27

「取り扱い分野一覧」の関連記事はこちら

取り扱い分野一覧

ご相談のご予約はこちらから

全国対応可能・メールでのお問い合わせは24時間受付

東京事務所

東京都港区芝大門1丁目1-35
サンセルモ大門ビル4階

TEL.03-6432-9783

神戸事務所

兵庫県神戸市中央区小野柄通5丁目1-27
第百生命神戸三宮ビル2階

TEL.078-862-3764

福岡事務所

福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目12番15号
BMBインターシティ4階

TEL.092-409-8603

熊本事務所

熊本市中央区安政町8-16 村瀬海運ビル401

TEL.096-245-7317

鹿児島事務所

鹿児島県鹿児島市西田2丁目27-32
TYビル 4-7F

TEL.099-822-0764