文字サイズ − −
お気軽にお電話ください!03-3216-8021
トップページ > 取り扱い分野一覧 > 労務問題 > 賃金・残業代についてお困りの方

賃金・残業代についてお困りの方

中小企業が抱える法律問題の中で最も多いのは、労務問題といえます。
残業、就業規則、解雇、社員とのトラブル等が、労働組合を巻き込んで、経営の根幹を揺るがす大問題になることがあります。ここではご相談が多い労務問題の各項目について、解説いたします。

 

賃金・残業代についてお困りの方

近年増加する未払い残業代トラブルの状況を踏まえ、将来の未払残業代請求に備え会社が採り得る予防策のご提案と、その仕組みを理解するのに必要となる知識などについて解説いたします。

36協定の留意点について弁護士が解説

36協定の留意点について弁護士が解説

皆様は「36協定」という言葉をご存じでしょうか。もしご存じでない場合、無自覚に刑事罰を課す法律に違反してしまっているかも知れません。厚生労働省の平成25年度労働時間等総合実態調査によると、36協定を締結していない事業場は

2018.11.15

new

賃金の支払方法についての法律上の規制にはどのようなものがあるか

賃金の支払方法についての法律上の規制にはどのようなものがあるか

労働基準法24条には賃金の支払方法に関する規制について、「賃金は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない」「賃金は、毎月一回以上、一定の期日を定めて支払わなければならない」と定められています。ただ単に賃金を支払うといっても、いくつかの規制が存在しますので、

2018.11.07

どのような時間が労働時間にあたるのか

どのような時間が労働時間にあたるのか

従業員が使用者に対し残業代を請求する場合等、賃金の支給不支給をめぐって先鋭化する問題として、「請求している賃金に対応する時間が、そもそも労働時間に該当するのか」という問題があります。そこで、従業員に賃金請求権が発生する「労働時間」とはいったいどのような時間を指すのかと

2018.11.07

変形労働時間制により残業代を節減できるか

変形労働時間制により残業代を節減できるか

変形労働時間制という言葉をお聞きになった方も多いと思われますが、その実態は、必ずしも正確に理解されていないことが多いように思われます。変形労働時間制とは、季節により業務の繁閑があるような会社について、繁閑の地程度に応じて、労働時間の分配を行うことができる制度です。

2018.10.16

裁量労働制により残業代を節減できるか

裁量労働制により残業代を節減できるか

裁量労働制という言葉をお聞きになった方も多いと思われますが、その実態は、必ずしも正確に理解されていないことが多いように思われます。裁量労働制とは、業務の遂行方法・勤務時間等について、労働者の裁量にゆだねることを認める制度です。

2018.10.16

フレックスタイム制により残業代を節減できるか

フレックスタイム制により残業代を節減できるか

フレックスタイム制という言葉をお聞きになった方も多いと思われますが、その実態は、必ずしも正確に理解されていないことが多いように思われます。フレックスタイム制とは、通常であれば、始業時刻と終業時刻が決められているところ、いつ出社・退社してもよい時間帯と必ず勤務しなければならない時間帯に分けて、労働時間の弾力化を図る制度のことです。

2018.10.16

残業代を支払う対象とは -労働者とはどのような者をいうのか

残業代を支払う対象とは -労働者とはどのような者をいうのか

業務に従事する者全てに対し、労働法が適用される訳ではござません。例えば、解雇の問題や残業代の問題はいずれも労働法が適用される場合の法律問題です。そして、労働法が適用される前提として、業務に従事する者が労働法上の「労働者」にあたるか否かを検討することが必須となります。

2018.10.03

労基署対応の留意点について弁護士が解説

労基署対応の留意点について弁護士が解説

「知り合いの会社が労働基準監督署に入られたらしい」という話を聞かれたら、皆様はどう思われますでしょうか?私が企業様とお話をしていると、そもそも労働基準監督署(以下「労基署」といいます)とはどのようなものなのかを知らない方がとても多いように感じています。

2018.10.01

固定残業代制度が有効となるためには?

固定残業代制度が有効となるためには?

平成29年7月7日、勤務医が私立病院を相手取って残業代請求をした案件についての最高裁判決が出されました。この判決は、高額な年俸制を採用していることを主たる理由として固定残業代を勤務医に支給していたと主張する病院側が敗訴したものでした。

2018.09.27

 

「労務問題」の関連記事はこちら

取り扱い分野一覧

ご相談のご予約はこちらから

鹿児島事務所

鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6階

TEL.099-822-0764

福岡事務所

福岡県福岡市博多区博多駅東
1丁目11番15号 博多駅東口ビル2階

TEL.092-409-8603

東京事務所

東京都港区西麻布3-2-43
西麻布3243 3階

TEL.03-6432-9783