文字サイズ − −
お気軽にお電話ください!03-3216-8021
トップページ > 取り扱い分野一覧 > 労務問題 > ハラスメントについてお困りの方

ハラスメントについてお困りの方

中小企業が抱える法律問題の中で最も多いのは、労務問題といえます。
残業、就業規則、解雇、社員とのトラブル等が、労働組合を巻き込んで、経営の根幹を揺るがす大問題になることがあります。ここではご相談が多い労務問題の各項目について、解説いたします。

 

ハラスメントについてお困りの方

セクシャルハラスメント、パワーハラスメント、マタニティハラスメントなど、各ハラスメント問題に対する予防策、さらには起きてしまった問題に対する対応をどのようにすべきか、等について解説いたします。

マタハラを防止するために事業主が負う義務

マタハラを防止するために事業主が負う義務

ハラスメントで代表的なものは、セクシャルハラスメントとパワーハラスメントかと思います。近年では、さらにこれら2つのハラスメントに加えてマタニティーハラスメントも問題となっています。

2018.10.05

new

セクハラについて弁護士が解説

セクハラについて弁護士が解説

セクシャルハラスメント(以下「セクハラ」といいます。)とは、職場における相手方の意に反する性的言動による嫌がらせと一般的に考えられています。

2018.09.27

パワーハラスメントについて弁護士が解説

パワーハラスメントについて弁護士が解説

パワーハラスメント(以下「パワハラ」といいます)が存在する場合、その職場の雰囲気が悪くなる、従業員の心の健康を害する及び従業員が十分に能力を発揮できなくなる等の様々な弊害が発生します。

2018.09.27

「労務問題」の関連記事はこちら

取り扱い分野一覧

ご相談のご予約はこちらから

鹿児島事務所

鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6階

TEL.099-822-0764

福岡事務所

福岡県福岡市博多区博多駅東
1丁目11番15号 博多駅東口ビル2階

TEL.092-409-8603

東京事務所

東京都港区西麻布3-2-43
西麻布3243 3階

TEL.03-6432-9783