文字サイズ − −
お気軽にお電話ください!03-3216-8021
トップページ > ニュースレター > 2017年12月号ニュースレターを掲載いたしました

ニュースレター

2017年12月号ニュースレターを掲載いたしました

2017/12/26

企業法務・経営諸課題の最新情報【2017年12月25日号】

いつも大変お世話になっております。
弁護士法人グレイスの丸山信一です。

皆様に嬉しいご報告があります!
12月に入って私たちグレイスの大切な顧問先様が300を数えることになりました!!

古手川代表弁護士が鹿児島に開業して満9年を来年2月に迎えます。9名の弁護士と17名の事務局員がこれからも顧問先様のために総力を挙げて邁進します!ご縁をいただき、いつも支えて下さる読者の皆様、本当にありがとうございます!!

図柄入りご当地ナンバープレートは来年10月に導入され、「鹿児島」ナンバーの希望者は桜島をモチーフにしたモノクロかカラーのプレートが用意されることになりましたね。
ご当地ナンバー自体は4年前には「奄美」ナンバーが導入されていますが、ふる里のアイデンティティの発露としては嬉しい機会となりそうです。観光振興の一助にもなれば良いですね。

来年は平成30年、明治維新150年という大きな節目にもなります。
西郷隆盛の生地である鹿児島市加治屋町で建設が進む「西郷どん・大河ドラマ館」も姿を現しました。気運は高まるばかりで10年前の「篤姫」館の来場者67万人に届くのかも注目でしょうか。

そして一つの時代ともなった「平成」が来年は30年目を迎え、再来年は新元号で呼ばれることが決まったのですから、皆様にも感慨深い年になるのではと思います。考えてみれば平成天皇の時代は戦争を経験せずに済んでここまで来たわけです。象徴天皇として先の大戦の慰霊と、天災や人災で被災した人々への慰問に努められ、天皇が国民の気持ちに寄り添い、国民にとても近い存在になったように感じる時代となったのかもしれません。

年末の風物詩でもある今年の漢字一字は「北」となりましたが、日本にとって危機的事態をもたらすかもしれない北朝鮮と米国の二人の指導者の動向は年明けも心配です。帝国日本が国運の打開として太平洋戦争に突入する当時と現在を比較して、米国等に牙を剥いた日本と今の北朝鮮を重ね合わせる見方ができないでもありません。

平和な時を努力なしで獲得できるなどとは思いません。今年のノーベル平和賞を巡る内外の議論などもそうですが、今ほど人類の知恵が試されている時はないのかもしれません。

ゆく年くる年を平安に、しかし思考停止とならぬ程度に過ごしたいと思います。

さて、今号の「法律Q&A」は某週刊誌砲並み!?の衝撃度です。
先ずは知識を得るという観点でお読みください。活用するかどうかはお任せを致します。

また、『雇い止め』について取上げました。来春以降大きな話題となるであろうと思いますので、こちらは必見です。どうぞお楽しみに。

さあ、今号も話題満載のメルマガをお届けします。
皆様のお役に立つコラムを是非お読みください!!

何よりもお客様の事業の成功のために、そして永続的な発展のために!
私たちグレイスはお客様に寄り添う徹底した行動とそのスピードに拘って参ります。

それではメルマガ第48号をスタートさせましょう!!

本号のコンテンツ

「ニュースレター」の関連記事はこちら

取り扱い分野一覧

ご相談のご予約はこちらから

鹿児島事務所

鹿児島県鹿児島市金生町1-1
ラウンドクロス鹿児島6階

TEL.099-822-0764

福岡事務所

福岡県福岡市博多区博多駅東
1丁目11番15号 博多駅東口ビル2階

TEL.092-409-8603

東京事務所

東京都港区西麻布3-2-43
西麻布3243 3階

TEL.03-6432-9783