文字サイズ − −
お気軽にお電話ください!0120-77-9014
トップページ > 解決事例 > 消費者トラブル > 【50】売買代金請求事件

解決事例

【50】売買代金請求事件

2019/09/15
相談分野
消費者トラブル
業種
サービス業

1. 相談内容

中古車販売業を営むA社は、Bが来店のうえ中古車の購入意思を示したことからBから同中古車の注文書の交付を受けた。

ところが、それから数日後、Bから購入意思がなくなったことを理由に売買契約を解除するとの通知が一方的に届いた。

A社はBの解除には理由がないものであるとして、Bに対し、本件売買契約に基づく売買代金の支払いを請求する訴訟を提起した。

2. 争点

本件売買契約の成立時期はいつか。

Bの行った本件売買契約の解除は有効か。

3. 解決内容

BがA社に対して車両代金の90%を支払うことによって合意解除する内容の和解成立。

4. 弁護士の所感

中古車販売業においては、売買契約の成立時期をめぐってトラブルになることが多いです。なぜなら、中古車の注文書を店に交付したとき、ローンの審査が通ったとき、頭金の支払いがあったとき、自動車登録が完了したとき、納車したとき等、複数の手続を踏むためです。そのため、どの段階で売買契約が成立するのかを明示した契約書や注文書を用いることが非常に重要になります。売買契約成立時期についての特段の規定がなければ、客が注文書を店に交付した際に売買契約が成立するものと考えられます。

本件では特段の規定がなかったことから、原則どおり客が注文書を交付したときに売買契約が成立したといえる事案でした。また、解除原因となるような事情もなかったことから、A社の売買代金請求権があることを前提とする内容の和解ができました。

相談分野で探す

業種で探す

「解決事例」の関連記事はこちら

取り扱い分野一覧

ご相談のご予約はこちらから

全国対応可能・メールでのお問い合わせは24時間受付

東京事務所

東京都港区芝大門1丁目1-35
サンセルモ大門ビル4階

TEL.03-6432-9783

神戸事務所

兵庫県神戸市中央区小野柄通5丁目1-27
第百生命神戸三宮ビル2階

TEL.078-862-3764

福岡事務所

福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目12番15号
BMBインターシティ4階

TEL.092-409-8603

熊本事務所

熊本市中央区安政町8-16 村瀬海運ビル401

TEL.096-245-7317

鹿児島事務所

鹿児島県鹿児島市西田2丁目27-32
TYビル 4-7F

TEL.099-822-0764