文字サイズ − −
お気軽にお電話ください!0120-77-9014
トップページ > 解決事例 > 債権回収 > 【56】休業損害等請求の事例

解決事例

【56】休業損害等請求の事例

2019/09/21
相談分野
債権回収
業種
サービス業

1. 相談内容

事業用車両を貸与したところ、事故を起こされ、同車両を使用できないという損害を被った。
一方で、同人より業務委託料の請求がなされているなど、複数の紛争を抱えていた。どうすればよいのか。

2. 争点

多岐にわたるが、主要な点は以下のとおりである。
①休業損害の有無及び金額
②別の貸与物損耗に関する損害賠償請求権の有無及び金額
③業務委託料の有無及び金額

3. 解決内容

両者ともに、各請求の合計につき、対等額で相殺するとともに、清算条項を入れ、和解成立。

4. 弁護士の所感

①の点に関しては、休業損害立証のための資料が不足しており、仮に裁判になった場合、損害が認定されるかは、判断が難しいものでした。
②の点に関しては、貸与物の性質上、立証は容易と判断していました。
③の点に関しては、当事務所が関与する前の段階で、他の弁護士の指示により、相殺をしてしまっていたことから、金額を承諾していたという事情があり、またその性質上、争うことが難しいとみていました。

依頼者と相手方の間には、これまでも多くの紛争を抱え、主張は平行線をたどっていて、証拠の点からも決定打となるものがありませんでした。
交渉が更に長期化する可能性があり、訴訟提起も視野に入れていた一方で、さらなる負担をしないため、お互いに費用を支出しないという方法で、最後合意ができないかを検討したところ、総合的に判断して合意にいたりました。

仮に裁判になった場合、当方にも立証が難航するであろう請求が多かったため、交渉による解決ができ、依頼者の要望を実現できたと思います。

相談分野で探す

業種で探す

「解決事例」の関連記事はこちら

取り扱い分野一覧

ご相談のご予約はこちらから

全国対応可能・メールでのお問い合わせは24時間受付

東京事務所

東京都港区芝大門1丁目1-35
サンセルモ大門ビル4階

TEL.03-6432-9783

神戸事務所

兵庫県神戸市中央区小野柄通5丁目1-27
第百生命神戸三宮ビル2階

TEL.078-862-3764

福岡事務所

福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目12番15号
BMBインターシティ4階

TEL.092-409-8603

熊本事務所

熊本市中央区安政町8-16 村瀬海運ビル401

TEL.096-245-7317

鹿児島事務所

鹿児島県鹿児島市西田2丁目27-32
TYビル 4-7F

TEL.099-822-0764