文字サイズ − −
お気軽にお電話ください!0120-77-9014
トップページ > 解決事例 > 不動産問題 > 【23】建物賃貸借契約の賃借人が契約終了に基づき退去したにもかかわらず、契約時に預託した敷金の返還を賃貸人が拒否したことから、交渉でその返還を請求したところ、全額回収が実現した事例

解決事例

【23】建物賃貸借契約の賃借人が契約終了に基づき退去したにもかかわらず、契約時に預託した敷金の返還を賃貸人が拒否したことから、交渉でその返還を請求したところ、全額回収が実現した事例

2019/08/18
相談分野
不動産問題
業種
サービス業

1. 相談内容

相談者は、賃借人として建物賃貸借契約を締結した際に、賃貸人に対し敷金を預託した。同契約は今から15年も前に締結したものであり、その賃貸借契約期間中に消費税率が5%から8%へ上昇するという経緯があった。

ところが、賃貸借契約が終了し、相談者が明渡しを完了した上で、賃貸人に対し敷金の返還を請求したところ、賃貸人は「消費税増額分の賃料を受け取っていない」として、敷金の返還を拒絶した。

2. 争点

消費税増額分の支払いをしていないことを理由に、賃貸人が賃借人による敷金返還請求を拒絶できるか。

3. 解決内容

消費税増額分の支払いをすることなく、交渉により敷金全額を回収。

4. 弁護士の所感

この案件において重要なポイントは2点ありました。1点目は消費税率が上昇した際に、賃貸人が何ら賃料の上昇について何ら言及することなく、従前どおり相談者からの賃料を収受していたこと、2点目は賃料増額以降に当事者間で「覚書」を交わしていたにもかかわらず、そこでも賃料増額に関する言及が賃貸人からなかったことでした。

上記事情から仮に賃貸人が敷金返還を拒絶し続け、訴訟に発展したとしても、弁護士としては確実に回収しなければならない事案でした。

相談分野で探す

業種で探す

「解決事例」の関連記事はこちら

取り扱い分野一覧

ご相談のご予約はこちらから

全国対応可能・メールでのお問い合わせは24時間受付

東京事務所

東京都港区芝大門1丁目1-35
サンセルモ大門ビル4階

TEL.03-6432-9783

神戸事務所

兵庫県神戸市中央区小野柄通5丁目1-27
第百生命神戸三宮ビル2階

TEL.078-862-3764

福岡事務所

福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目12番15号
BMBインターシティ4階

TEL.092-409-8603

熊本事務所

熊本市中央区安政町8-16 村瀬海運ビル401

TEL.096-245-7317

鹿児島事務所

鹿児島県鹿児島市西田2丁目27-32
TYビル 4-7F

TEL.099-822-0764