文字サイズ − −
お気軽にお電話ください!0120-77-9014
トップページ > 解決事例 > 不動産問題 > 【128】事業資金の借入れについて遅延損害金を含めて返済を求められた事例

解決事例

【128】事業資金の借入れについて遅延損害金を含めて返済を求められた事例

2020/04/24
相談分野
不動産問題
業種
介護業

1. 相談内容

相手方から事業の運転資金を借りたが、予定された時期に事業を開始できなかったことを理由に一括返済を求められている。
また、相手方は返済が遅れたことによる遅延損害金の支払いも請求している。
なお、金銭消費貸借契約書には、特定の日に事業を開始できなかった場合には期限の利益を喪失するとの条項が存在する。
しかし、そもそも事業を開始できなかった原因は相談者にはなく、これを理由に遅延損害金まで支払う必要があるのか。

2. 争点

履行遅滞に陥った時点はいつか。

3. 解決内容

履行遅滞に陥った時点を金銭消費貸借契約書に記載された事業開始日ではなく、返済期限からとする裁判所の判断のもと、遅延損害金を大幅に減額の上、和解が成立。

4. 弁護士の所感

形式的には、金銭消費貸借契約書の期限の利益を喪失する事由にあたるため、これに該当しない又はこれを前提とする主張を信義則違反として主張する必要がありました。
信義則違反といった主張は一般的に認められることが少ないため、当方の主張が通るかについては難しいところもあったと思います。

しかしながら、当事者の当時のやり取りなどを丁寧に主張することにより、当方の主張を裁判所に認めさせることができ良い解決となったと考えています。

相談分野で探す

業種で探す

「解決事例」の関連記事はこちら

取り扱い分野一覧

ご相談のご予約はこちらから

全国対応可能・メールでのお問い合わせは24時間受付

東京事務所

東京都港区芝大門1丁目1-35
サンセルモ大門ビル4階

TEL.03-6432-9783

神戸事務所

兵庫県神戸市中央区小野柄通5丁目1-27
甲南アセット三宮ビル2階

TEL.078-862-3764

福岡事務所

福岡市博多区博多駅前四丁目2番1号
NEWNO・ザイマックス博多駅前7階

TEL.092-409-8603

熊本事務所

熊本市中央区安政町8-16 村瀬海運ビル401

TEL.096-245-7317

鹿児島事務所

鹿児島県鹿児島市西田2丁目27-32
TYビル 4-7F

TEL.099-822-0764