文字サイズ − −
お気軽にお電話ください!0120-77-9014
トップページ > 解決事例 > その他 > 【160】従業員が職務上開発したソフトウェアについて、従業員と争いを生じさせることなく合意が成立した事例

解決事例

【160】従業員が職務上開発したソフトウェアについて、従業員と争いを生じさせることなく合意が成立した事例

2022/09/14
相談分野
その他
業種
サービス業

1. 相談内容

従業員が会社の業務を遂行するために必要なソフトウェアを開発したが、このソフトウェアの維持管理を他の従業員もできるよう同従業員にソフトウェアに関する情報を開示してもらいたい。
これにあたって、そもそも著作権の帰属などについて知りたい。
また、従業員と円満に話を進めたいがどうすれば良いか。

2. 争点

ソフトウェアの著作権の帰属先

3. 解決内容

ソフトウェアは職務著作にあたり、会社が著作者であることを従業員に認めてもらい、その後、必要な情報についても開示してもらう内容で合意が成立。

4. 弁護士の所感

ソフトウェアの著作者については、その開発経緯から会社であると考えられました。そのため、これについて会社の担当者に理由を説明した上で、ソフトウェアを開発した従業員と話をしてもらいました。
いきなり弁護士が介入すると紛争化するおそれもあるため、担当者から話をしてもらうことによりスムーズに合意がまとめられたと思います。

相談分野で探す

業種で探す

「解決事例」の関連記事はこちら

取り扱い分野一覧

ご相談のご予約はこちらから

全国対応可能・メールでのお問い合わせは24時間受付

東京事務所

東京都港区芝大門1丁目1-35
サンセルモ大門ビル4階

TEL.03-6432-9783

神戸事務所

兵庫県神戸市中央区小野柄通5丁目1-27
甲南アセット三宮ビル2階

TEL.078-862-3764

福岡事務所

福岡市博多区博多駅前四丁目2番1号
NEWNO・ザイマックス博多駅前7階

TEL.092-409-8603

熊本事務所

熊本市中央区安政町8-16 村瀬海運ビル401

TEL.096-245-7317

鹿児島事務所

鹿児島県鹿児島市西田2丁目27-32
TYビル 4-7F

TEL.099-822-0764