文字サイズ − −
お気軽にお電話ください!0120-77-9014
トップページ > 解決事例 > 労務問題 > 【169】解雇無効及び従業員たる地位確認の請求をされた事例

解決事例

【169】解雇無効及び従業員たる地位確認の請求をされた事例

2022/09/14
相談分野
労務問題
業種
医療機関

1. 相談内容

Y社(相談者)は、半年間を契約期間とする有期契約社員Xを雇用していた。
ところがその契約期間も半ばにさしかかった頃、Y社は、Xの素行が非常に悪く、何度となく行ってきた注意にも改善が見られないことから、Xを即時解雇とした。
これに対し、XはY社に対し、解雇無効及び従業員たる地位の確認やパワハラ等を理由とする使用者責任を追及する訴訟を提起した。

2. 争点

①Y社による解雇の有効性
②Xが求め得る遡及賃金(バックペイ)の範囲

3. 解決内容

使用者責任を認めず、遡及賃金(バックペイ)数ヶ月分のみをY社がXに支払う内容で調停が成立。

4. 弁護士の所感

労働紛争で最も多い類型の1つが本件の「解雇無効及び従業員たる地位確認の請求」です。この類型では解雇が無効であることによる遡及賃金(バックペイ)がどれだけ発生するのかが重要な問題となります。
本件は、過去にY社がXに対し再三注意をしてきた経緯があるものの、それを証明する資料が一切存在しなかったことから、解雇の有効性が認められる可能性が少ない事案でした。また、解雇理由としても必要十分ではありませんでした。
解雇をするにあたっては十分な準備及び段階を経て行う必要があります。本件は、有期雇用の事案であり、かつ雇止めが無効となる事案でなかったことから、遡及賃金を最小限にすることができた事案でしたが、そのような事情がない場合には、非常に多額の遡及賃金を支払わなければならないケースもあります。
解雇をされる場合には、予め専門家にご相談されることをお勧めします。

相談分野で探す

業種で探す

「解決事例」の関連記事はこちら

取り扱い分野一覧

ご相談のご予約はこちらから

全国対応可能・メールでのお問い合わせは24時間受付

東京事務所

東京都港区芝大門1丁目1-35
サンセルモ大門ビル4階

TEL.03-6432-9783

神戸事務所

兵庫県神戸市中央区小野柄通5丁目1-27
甲南アセット三宮ビル2階

TEL.078-862-3764

福岡事務所

福岡市博多区博多駅前四丁目2番1号
NEWNO・ザイマックス博多駅前7階

TEL.092-409-8603

熊本事務所

熊本市中央区安政町8-16 村瀬海運ビル401

TEL.096-245-7317

鹿児島事務所

鹿児島県鹿児島市西田2丁目27-32
TYビル 4-7F

TEL.099-822-0764