文字サイズ − −
お気軽にお電話ください!0120-77-9014
トップページ > 解決事例 > 【173】購入した建物のタイルの多くが剥離したことを理由に、施主が業者に対し損害賠償を請求した事例

解決事例

【173】購入した建物のタイルの多くが剥離したことを理由に、施主が業者に対し損害賠償を請求した事例

2022/09/14
業種
不動産業

1. 相談内容

相談者は、賃貸用の建物を購入したところ、壁面に張られたタイルの多くが剥離するに至った。そこで、元請やタイル業者等を相手にその損害賠償を求めた。

2. 争点

タイルが剥離した責任は誰が負うか

3. 解決内容

元請け及びタイル張り業者等複数の業者に対し、その責任に応じた損害賠償を認めさせる内容で、訴訟上の和解が成立。

4. 弁護士の所感

建築紛争はそのトラブルになっている原因が法律上の「瑕疵」にあたるといえるか否かが大きな争点となりますが、のみならず、その責任主体が誰であるのかという点で争点が錯綜することがままあります。
特に建築の世界では、元請けのみならず、下請け業者、孫請け業者等、複数の利害関係人が存在するため、瑕疵がある場合にどの主体が責任を負うのかが問題になるケースがあります。また、その中で利害関係人の間で責任のなすりつけ合いがなされるケースもあり、紛争が長期化することもあります。
本件もその例に漏れず、責任主体とその責任割合をめぐる争いが長期化しましたが、最終的には各業者に対し、相談者に対する損害賠償債務を認めさせる内容で訴訟上の和解を成立させることができました。

相談分野で探す

業種で探す

「解決事例」の関連記事はこちら

取り扱い分野一覧

ご相談のご予約はこちらから

全国対応可能・メールでのお問い合わせは24時間受付

東京事務所

東京都港区芝大門1丁目1-35
サンセルモ大門ビル4階

TEL.03-6432-9783

神戸事務所

兵庫県神戸市中央区小野柄通5丁目1-27
甲南アセット三宮ビル2階

TEL.078-862-3764

福岡事務所

福岡市博多区博多駅前四丁目2番1号
NEWNO・ザイマックス博多駅前7階

TEL.092-409-8603

熊本事務所

熊本市中央区安政町8-16 村瀬海運ビル401

TEL.096-245-7317

鹿児島事務所

鹿児島県鹿児島市西田2丁目27-32
TYビル 4-7F

TEL.099-822-0764