文字サイズ − −
お気軽にお電話ください!0120-77-9014
トップページ > 解決事例 > 労務問題 > 【182】従業員との紛争について、外部の労働組合との対応・交渉に関する相談を受けた事例

解決事例

【182】従業員との紛争について、外部の労働組合との対応・交渉に関する相談を受けた事例

2022/09/14
相談分野
労務問題
業種
製造業

1. 相談内容

依頼者は、従業員との間で労使関係のトラブルを抱えていたところ、当該従業員が外部の合同労組に加入した。合同労組から依頼者に対して、団体交渉の申し入れがあったため、当事務所が代理人として対応に当たることになった。

2. 争点

特になし

3. 解決内容

労働組合が申し入れる「団体交渉」は、憲法上の権利であり、会社側は、誠実に交渉する義務がある。
そのため、会社側が団体交渉を拒否する場合はもとより、団体交渉に応じたが不誠実な対応に終始するような場合には、「団交拒否」・「不誠実団交」という不当労働行為に該当する。
この基本的なルールを依頼者に理解いただき、「団交拒否」・「不誠実団交」にならないように、合同労組と協議を進めることにより、最終的に、円満な解決をすることができた。

4. 弁護士の所感

上記のように、合同労組の対応は、通常の交渉とは異なるルールがあるため、その点を踏まえたうえで、交渉等を行う必要があります。
他方で、会社には、合同労組の要求をすべて受け入れる・譲歩をする義務まではありません。
つまり、合同労組と会社との間で、十分に協議を行った結果としても、双方の主張が平行線をたどり解決を見ないようなケースでは、その時点で交渉を打ち切ったとしても、誠実交渉義務に違反したことにはなりません。
会社が独力で合同労組と交渉を行って円満な妥結に至ることは、感情的な面もあって、必ずしも容易ではなく、弁護士の役割が重要になる案件と感じました。

相談分野で探す

業種で探す

「解決事例」の関連記事はこちら

取り扱い分野一覧

ご相談のご予約はこちらから

全国対応可能・メールでのお問い合わせは24時間受付

東京事務所

東京都港区芝大門1丁目1-35
サンセルモ大門ビル4階

TEL.03-6432-9783

神戸事務所

兵庫県神戸市中央区小野柄通5丁目1-27
甲南アセット三宮ビル2階

TEL.078-862-3764

福岡事務所

福岡市博多区博多駅前四丁目2番1号
NEWNO・ザイマックス博多駅前7階

TEL.092-409-8603

熊本事務所

熊本市中央区安政町8-16 村瀬海運ビル401

TEL.096-245-7317

鹿児島事務所

鹿児島県鹿児島市西田2丁目27-32
TYビル 4-7F

TEL.099-822-0764