文字サイズ − −
お気軽にお電話ください!0120-77-9014
トップページ > 解決事例 > 労務問題 > 【184】元従業員から残業代等を請求されたものの、会社が正確に労働時間を管理していたことや、会社からの貸与物件が未だ返還されていないこと等を理由に、残業代の支払いを拒絶した事例

解決事例

【184】元従業員から残業代等を請求されたものの、会社が正確に労働時間を管理していたことや、会社からの貸与物件が未だ返還されていないこと等を理由に、残業代の支払いを拒絶した事例

2022/09/14
相談分野
労務問題
業種
運送業

1. 相談内容

相談者は、運送業を営んでいたところ、退職届だけ一方的に送付し退職をした元従業員から残業代の未払いがあるとして、その請求を求められた。

2. 争点

残業代の支払義務の可否(残業の存否)

3. 解決内容

元従業員からの残業代請求が撤回されることにより解決。

4. 弁護士の所感

運送業においては、車両の運転時間が予定どおりとならないという実情から、残業時間の存否をめぐって残業代の支払の有無が問題になることが非常に多いです。

本件においては、いわゆるタコメーターによる労働時間管理を徹底していたことから、タコメーターに表れた残業時間の正当性等が争点となりました。本件では通常要する時間に相当する残業代が支払われていたにもかかわらず、元従業員から残業代の不足を求められた事案でした。運送業においては、いわゆる直行直帰による業務遂行が多いことから、タイムカードによる労働時間管理は現実的でなく、タコメーター等、別の方法による労働時間管理が求められます。

本件では、相談者が管理していたタコメーターによる主張が可能であったほか、相談者が貸与していたETCカードやキャッシュカードが元従業員から退職後も返還されなかったことから、それらに伴って発生した損害を反対に請求することで、残業代の請求を撤回させることができました。

相談分野で探す

業種で探す

「解決事例」の関連記事はこちら

取り扱い分野一覧

ご相談のご予約はこちらから

全国対応可能・メールでのお問い合わせは24時間受付

東京事務所

東京都港区芝大門1丁目1-35
サンセルモ大門ビル4階

TEL.03-6432-9783

神戸事務所

兵庫県神戸市中央区小野柄通5丁目1-27
甲南アセット三宮ビル2階

TEL.078-862-3764

福岡事務所

福岡市博多区博多駅前四丁目2番1号
NEWNO・ザイマックス博多駅前7階

TEL.092-409-8603

熊本事務所

熊本市中央区安政町8-16 村瀬海運ビル401

TEL.096-245-7317

鹿児島事務所

鹿児島県鹿児島市西田2丁目27-32
TYビル 4-7F

TEL.099-822-0764