文字サイズ − −
お気軽にお電話ください!0120-77-9014
トップページ > 解決事例 > その他 > 【186】契約書のバックデート(実際の締結日よりも前の日を契約書の作成日として記載すること)の有効性が争われた裁判において、勝訴した事例

解決事例

【186】契約書のバックデート(実際の締結日よりも前の日を契約書の作成日として記載すること)の有効性が争われた裁判において、勝訴した事例

2022/09/14
相談分野
その他
業種
サービス業

1. 相談内容

依頼者は、相手方の会社との間で、依頼者が顧客候補を紹介し、当該顧客候補と相手方の会社との間で案件が制約することを条件として、成約報酬が支払われることになる顧客紹介契約を締結した。
契約書の締結前の時点で、既に紹介業務が進行していたため、契約書の締結日は、実際の締結日よりも前の日付で記載されていた。
この点について、実際の締結日よりも前に行った紹介から発生した成約報酬の支払義務が争いになり、裁判に至った。

2. 争点

バックデートが法的に有効であるか

3. 解決内容

契約書のバックデートの有効性については、民法等の法律では明確に規定されていない。そのため、バックデートの有効性は、バックデートをするに至った当事者の認識・事実関係の経緯等により決定されることになる。
本件では、バックデートをした日付について、「なぜその日に設定する必要性・必然性があったのか」という点について、電子メール等の証拠を細かく分析し、合理的なストーリーになるようにして、裁判を進めた。

4. 弁護士の所感

裁判で問題になる論点は、必ずしも法律に明確な回答が規定されているわけではなく、本件のバックデートもその一つでした。
このような論点が問題になる裁判では、ビジネス上の商取引の構造、商取引のルール等を理解したうえで、裁判所に対して説得的なストーリーを構築する必要があります。

相談分野で探す

業種で探す

「解決事例」の関連記事はこちら

取り扱い分野一覧

ご相談のご予約はこちらから

全国対応可能・メールでのお問い合わせは24時間受付

東京事務所

東京都港区芝大門1丁目1-35
サンセルモ大門ビル4階

TEL.03-6432-9783

神戸事務所

兵庫県神戸市中央区小野柄通5丁目1-27
甲南アセット三宮ビル2階

TEL.078-862-3764

福岡事務所

福岡市博多区博多駅前四丁目2番1号
NEWNO・ザイマックス博多駅前7階

TEL.092-409-8603

熊本事務所

熊本市中央区安政町8-16 村瀬海運ビル401

TEL.096-245-7317

鹿児島事務所

鹿児島県鹿児島市西田2丁目27-32
TYビル 4-7F

TEL.099-822-0764