文字サイズ − −
お気軽にお電話ください!0120-77-9014
トップページ > 解決事例 > 労務問題 > 賃金・残業代 > 【81】未払残業代請求事件

解決事例

【81】未払残業代請求事件

2019/12/16
相談分野
労務問題
業種
その他の業務

1. 相談内容

A社で正社員として勤務していた従業員Bが、自主退職後、在職中に支給されなかった残業代を、代理人弁護士を通じてA社に対して請求した。
A社は、Bの残業の事実については認めるものの、固定残業代として毎月支給していた額があること、交通費は実費分につき支払うべきところBに対しては協議のうえで実費として発生していなくとも固定で支給していたこと等を理由として、Bによる残業代請求の減額を主張した

2. 争点

A社の固定残業代制は有効か。
 A社による交通費の固定支払いは残業代請求の減額要素となるか。

3. 解決内容

A社がBに対して当初請求額の45%を支払う内容で交渉成立。

4. 弁護士の所感

本件は典型的な残業代請求に関する案件でした。典型的というのは、残業代請求をされた経営者側の多くが「固定残業代を支払っている」と反論されるものの、その固定残業代制が法的に有効なものになっていないことが非常に多いためです。

固定残業代を支払っている経営者としては、あくまで残業代として支払っている以上、その部分は既払いであると考えるのが普通です。しかしながら、それが有効な固定残業代制となっていない場合には、裁判所を通じた司法判断のもとでは、残業代に対する支払いとは認められません。

固定残業代制が有効となるためには、
①労働者との間で固定残業代制を採用することについての合意があること
②固定残業代に相当する時間及び支給額が明定されていること
③固定残業代に相当する時間を超えて労務の提供があった場合にはその超過部分を別途残業代として支給すること
以上が必要となります。

本件は、上記②と③の要件を欠いていたことから、固定残業代制としては無効と言わざるを得ないものでした。
また、本件においてA社は、「交通費は本来現に発生した実費分につき支払うべきところ、Bに対しては協議のうえで特別に固定で支給していた」旨主張して、残業代の減額を主張しました。もっとも、この反論もあくまで交通費として支給していたに過ぎず、残業代の支払いとは認められません。
 
本件は、あくまで任意の交渉案件でしたので、A社による主張も事実上反論したところ、当初請求額の半額以下での和解となりました。もっとも、これが裁判所を通じた手続であった場合には、同条件での和解は非常に困難であると考えられます。
 
固定残業代を支払われている場合には、果たしてそれが有効なものになっているかしっかりチェックすることが経営者側にとっては必須といえます。

相談分野で探す

業種で探す

「解決事例」の関連記事はこちら

取り扱い分野一覧

ご相談のご予約はこちらから

全国対応可能・メールでのお問い合わせは24時間受付

東京事務所

東京都港区芝大門1丁目1-35
サンセルモ大門ビル4階

TEL.03-6432-9783

神戸事務所

兵庫県神戸市中央区小野柄通5丁目1-27
第百生命神戸三宮ビル2階

TEL.078-862-3764

福岡事務所

福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目12番15号
BMBインターシティ4階

TEL.092-409-8603

熊本事務所

熊本市中央区安政町8-16 村瀬海運ビル401

TEL.096-245-7317

鹿児島事務所

鹿児島県鹿児島市西田2丁目27-32
TYビル 4-7F

TEL.099-822-0764