文字サイズ − −
お気軽にお電話ください!0120-77-9014
トップページ > 解決事例 > 労務問題 > 賃金・残業代 > 【168】金銭の貸主が借主に対し、貸金返還を求めて訴訟提起したところ、そのほとんどを回収することに成功した事例

解決事例

【168】金銭の貸主が借主に対し、貸金返還を求めて訴訟提起したところ、そのほとんどを回収することに成功した事例

2022/09/14
相談分野
賃金・残業代
業種
介護業

1. 相談内容

XはYに対し、借用書を主たる証拠として貸金の返還を請求した。同借用書は表面の続きが裏面に印字された1枚で構成されていたところ、Yは署名した裏面こそ確認した経緯があるものの、表面は何ら確認した経緯はなく、XがYの署名をとってから印刷をかけたものであるとして、同借用書の成立そのものを争った。

2. 争点

借用書が真正に成立したものといえるか。

3. 解決内容

借用書が真正に成立したことを前提に、X社はYから貸金の9割を現実に回収する内容の訴訟上の和解が成立した。

4. 弁護士の所感

本件は、表裏一体となった借用書が真正に成立したものであるかが争点となった興味深い案件でした。
通常であれば、表裏一体となっている以上、複数枚に及んだ借用書の場合よりもむしろ争いになりにくいと考えられますが、本件のように「片面は後から印字されたものである」との主張は、現実の紛争において予想されるところです。
もっとも、片面だけでは意味をなさない書類になってしまい、署名した者が一体、何に向けた意思表示をしたものであるか説明がつかないことも多く、「片面を後で印字したもの」との主張は筋が通らず、排斥されやすいと思われます。
とはいえ、借用書等の契約書を作成するにあたっては、後で改ざんされたものである等の主張をされないよう、十分注意する必要があります。

相談分野で探す

業種で探す

「解決事例」の関連記事はこちら

取り扱い分野一覧

ご相談のご予約はこちらから

全国対応可能・メールでのお問い合わせは24時間受付

東京事務所

東京都港区芝大門1丁目1-35
サンセルモ大門ビル4階

TEL.03-6432-9783

神戸事務所

兵庫県神戸市中央区小野柄通5丁目1-27
甲南アセット三宮ビル2階

TEL.078-862-3764

福岡事務所

福岡市博多区博多駅前四丁目2番1号
NEWNO・ザイマックス博多駅前7階

TEL.092-409-8603

熊本事務所

熊本市中央区安政町8-16 村瀬海運ビル401

TEL.096-245-7317

鹿児島事務所

鹿児島県鹿児島市西田2丁目27-32
TYビル 4-7F

TEL.099-822-0764